『いい加減』に『いい加減』 ... 考察
| main |
2011.06.14 Tue

《魔轟神レイヴン》と《暗黒界の狂王 ブロン》

《魔轟神レイヴン》
チューナー(効果モンスター)
星2/光属性/悪魔族/攻1300/守1000
自分の手札を任意の枚数捨てて、その枚数分このカードの
レベルをエンドフェイズ時まで上げる事ができる。
このカードの攻撃力はエンドフェイズ時まで、
この効果によって捨てた手札の枚数×400ポイントアップする。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

《暗黒界の狂王 ブロン》
効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1800/守 400
このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
自分の手札からカードを1枚選択して墓地に捨てる事ができる。


巷では【暗黒界魔轟神】において《魔轟神レイヴン》は3積み必須だみたいな言われ方をしていますがどうでしょうか。
個人的には《暗黒界の狂王 ブロン》と相互互換だと思うんですよね。
以下は両者の利点欠点
【暗黒界魔轟神】においてなので手札を捨てる行為はアドバンテージになると考ええます。

《魔轟神レイヴン》
利点
・召喚に成功すればメインフェイズ中なら好きなタイミングで手札を捨てることができる。
・1度に複数の手札を捨てることができる。
・チューナーである。
・魔轟神のサポートを受けることができる。

欠点
・返しのターンに低い攻撃力をさらすことになる。

《暗黒界の狂王 ブロン》
利点
・手札を捨てるタイミングがダメージステップ。
・打点が高い。

欠点
・打点が高いがゆえに《奈落の落とし穴》に引っかかる。
・攻撃をしなければならない。
・攻撃をしてもダメージを与えないといけないので安定して手札を捨てることができない。

どうでしょうか?
差は歴然ですね。
ですが、《暗黒界の狂王 ブロン》のダメージステップに発動するってのはかなり大きいと思います。
それだけで肝心の上級暗黒界が《奈落の落とし穴》に引っかからなくなりますし、
《王宮の弾圧》も受けないです。
特に《暗黒界の龍神 グラファ》の裁定次第では《王宮の弾圧》入りの【暗黒界】というのも現れると思うので、
そうなると《暗黒界の狂王 ブロン》のほうが有用性が高いですね。
《スキルドレイン》入りの【暗黒界】においては純粋に打点が高いので使いやすいですし。

それに、《魔轟神レイヴン》は今とてつもなく値段が高いです。
《暗黒界の狂王 ブロン》でも十分だと思うんですよね。
ストラクチャに収録されますし。
《暗黒界の狂王 ブロン》の欠点って罠カードでフォローできるものが多いですし。
まぁ、両方持っているに越したことはないですし
人によって好みが分かれるので一概にどっちが強いとは言い切れませんが。

それではノシ
続きを読む
スポンサーサイト
Category: 考察
2011.04.09 Sat

《シューティング・クェーサー・ドラゴン》の出し方

《シューティング・クェーサー・ドラゴン》
シンクロ・効果モンスター
星12/光属性/ドラゴン族/攻4000/守4000
シンクロモンスターのチューナー1体+チューナー以外のシンクロモンスター2体以上
このカードはシンクロ召喚でしか特殊召喚できない。
このカードはこのカードのシンクロ素材とした
チューナー以外のモンスターの数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃する事ができる。
1ターンに1度、魔法・罠・効果モンスターの
効果の発動を無効にし、破壊する事ができる。
このカードがフィールド上から離れた時、
「シューティング・スター・ドラゴン」1体を
エクストラデッキから特殊召喚する事ができる。

最低2回攻撃をすることができ1ターンに1度あらゆる効果を無効化できる(カウンター罠を除く)
さらに破壊されると単体でも強力な《シューティング・スター・ドラゴン》を出せるといった極めて強力な効果を持っています。
しかし、シンクロ召喚の条件として
『シンクロチューナー1体を含めた3体のシンクロモンスター』と非常に難しいものとなっています。
では、どのような組み合わせで《シューティング・クェーサー・ドラゴン》を出せるのでしょうか?

シンクロチューナーから考えてみましょう。
現在、出ているシンクロチューナーは3体
《ライフ・ストリーム・ドラゴン》
《TG ワンダー・マジシャン》
《フォーミュラ・シンクロン》


まずは《ライフ・ストリーム・ドラゴン》
自身が☆8ということは12-8=4なので合計☆4になるようにしなければなりません。
現在、レベル調整なしで出せるのは《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》を2体準備するしかありません。
というよりシンクロのシステム上、☆1ってのは不可能ですね。
《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》を1番簡単に出す方法は
《ワン・フォー・ワン》のコストで《ダンディライオン》を墓地に送り《グローアップ・バルブ》を特殊召喚
《ダンディライオン》のトークンとシンクロした後、《グローアップ・バルブ》の効果で蘇生、
残りのトークンとシンクロすれば《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》を2体準備できます。
《黄泉ガエル》と《フィッシュボーグ-ガンナー》を合わせれば簡単に出せますが
2回連続は難しいですね。
《黄泉ガエル》に《地獄の暴走召喚》を使えば…ごめん、なんでもない。

あとは《レベル・スティーラー》でレベルを下げる方法ですかね。
現実的なことを言うと2回が限度でしょうが最大4回まで可能です。
これによって《アームズ・エイド》なんかも素材にすることができます。
ですがやっぱり現実的じゃないですね。
そもそも《ライフ・ストリーム・ドラゴン》が出しにくいし。


続いて、《TG ワンダー・マジシャン》
こいつは自身が☆5なので12-5=7
ということで合計☆7になる組み合わせは以下の通り

☆2+☆5
☆3+☆4
☆2×2+☆3

残念ながら上記のとおり☆2のシンクロ非チューナーモンスターは《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》しか存在しません。
ということは☆2を選択肢にする場合《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》は避けて通れない道なのですが
いかんせん《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》は汎用性が低い。
よって☆3+☆4になるのですが☆3には《ワンショット・ロケット》
☆4には《アームズ・エイド》《魔轟神獣ユニコール》しかいない。
上記の3体も特化させないと出しにくい。
よって《TG ワンダー・マジシャン》も無しですね。


最後は…というか最初から選択肢はこの一拓《フォーミュラ・シンクロン》
☆2なので必要なのは合計で☆10
組み合わせは以下の通り

☆2+☆8
☆2×2+☆6
☆2+☆3+☆5
☆2+☆4×2
☆2×2+☆3×2
☆2×3+☆4
☆2×5
☆3+☆7
☆3×2+☆4
☆4+☆6
☆5×2

多分、これで全部
本気で疲れたw
でも通常の方法では☆2×5は出ませんね。
ここにシンクロチューナーが加わるのでフィールドにモンスターが6体並ばないと無理なんです。
それに☆2の非チューナーシンクロモンスターは今のところ《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》しかいないので並べれても3体まで。
つまり、相手モンスターをシンクロ素材にできる《シンクロ・マテリアル》を
相手の場に《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》が2体並んでいるときに発動という極めて限定的な状況でしか発動できないので。

散々書きましたが、ぶちゃけ☆2☆3はほとんど使わないですね。
(☆4は《アームズ・エイド》や《レベル・スティーラー》でレベルを下げた☆5がいるため)
そうなると選択肢はほとんどこれしかないですね。

《フォーミュラ・シンクロン》+☆4+☆6
《フォーミュラ・シンクロン》+☆5×2

これに《レベル・スティーラー》を組み合わせれるので振り幅は+2までですかね。
以下は上の条件に該当する汎用性の高いシンクロモンスター

☆8
《ギガンテック・ファイター》
《スクラップ・ドラゴン》
《スターダスト・ドラゴン》
《レッド・デーモンズ・ドラゴン》
《ダークエンド・ドラゴン》
☆7
《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》
《ブラック・ローズ・ドラゴン》
《アーカナイト・マジシャン》
☆6
《大地の騎士ガイアナイト》
《C・ドラゴン》
《氷結界の龍 ブリューナク》
《フレムベル・ウルキサス》
☆5
《A・O・J カタストル》
《TG ハイパー・ライブラリアン》
《ジャンク・ウォリアー》
☆4
《アームズ・エイド》

こんなページを見つけました→参考ページ
以下は自分言葉で書き換えたものです。検索ワードを増やしたいからねw


方法1
手札に《ローンファイア・ブロッサム》《死者蘇生》がある場合

《ローンファイア・ブロッサム》を召喚。
《ローンファイア・ブロッサム》自信をリリースし、《ダンディライオン》特殊召喚。
《死者蘇生》などで墓地から特殊召喚し、効果で《ダンディライオン》をリリース、《スポーア》特殊召喚。
《ダンディライオン》の効果によって綿毛トークンを2体特殊召喚。
綿毛トークン1体と《スポーア》で《フォーミュラ・シンクロン》をシンクロ召喚。
墓地に存在する《スポーア》を効果で《ローンファイア・ブロッサム》を除外し特殊召喚。(☆4になる)
《スポーア》と《ローンファイア・ブロッサム》で《パワー・ツール・ドラゴン》を特殊召喚。
《パワー・ツール・ドラゴン》の効果で《D・D・R》をサーチ。
《D・D・R》で除外した《ローンファイア・ブロッサム》を特殊召喚。
《ローンファイア・ブロッサム》の効果で自身をリリースし《グローアップ・バルブ》を特殊召喚。
《グローアップ・バルブ》と《パワー・ツール・ドラゴン》で《ライフ・ストリーム・ドラゴン》以外の☆8をシンクロ召喚。
墓地に存在する《グローアップ・バルブ》の効果で蘇生。
《グローアップ・バルブ》と綿毛トークンで《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》をシンクロ召喚。
《フォーミュラ・シンクロン》+《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》+☆8で《シューティング・クェーサー・ドラゴン》


方法2
手札に《レベル・スティーラー》《クイック・シンクロン》《シンクロン・エクスプローラー》がある場合

《レベル・スティーラー》を墓地に送り《クイック・シンクロン》を特殊召喚。
《レベル・スティーラー》の効果で《クイック・シンクロン》のレベルを下げ特殊召喚。
《レベル・スティーラー》と《クイック・シンクロン》で《ジャンク・ウォリアー》とシンクロ召喚。
《レベル・スティーラー》の効果で《ジャンク・ウォリアー》のレベルを下げ特殊召喚。
《シンクロン・エクスプローラー》を召喚し、《クイック・シンクロン》を特殊召喚。
《シンクロン・エクスプローラー》と《クイック・シンクロン》で《ロード・ウォリアー》をシンクロ召喚。
《ロード・ウォリアー》の効果で《アンノウン・シンクロン》を特殊召喚。
《レベル・スティーラー》の効果で《ロード・ウォリアー》のレベルを下げ特殊召喚。
《アンノウン・シンクロン》と《レベル・スティーラー》で《フォーミュラ・シンクロン》
《レベル・スティーラー》の効果で《ロード・ウォリアー》のレベルを下げ特殊召喚。
《フォーミュラ・シンクロン》+《ジャンク・シンクロン》(☆4)+《ロード・ウォリアー》(☆6)で《シューティング・クェーサー・ドラゴン》


方法3
手札に《ジャンク・シンクロン》《ドッペル・ウォリアー》墓地に《スポーア》☆3の植物がある場合

《ジャンク・シンクロン》を召喚、効果で《スポーア》を特殊召喚。
それにより手札から《ドッペル・ウォリアー》を特殊召喚。
《ジャンク・シンクロン》と《ドッペル・ウォリアー》で《TG ハイパー・ライブラリアン》を特殊召喚。
《ドッペル・ウォリアー》の効果でドッペル・トークンを2体特殊召喚。
ドッペル・トークンと《スポーア》で《フォーミュラ・シンクロン》を特殊召喚。
《TG ハイパー・ライブラリアン》と《フォーミュラ・シンクロン》の効果で2枚ドロー。
《スポーア》の効果で墓地の☆3の植物を除外し特殊召喚。
ドッペル・トークンと《スポーア》(☆4)で《TG ハイパー・ライブラリアン》をシンクロ召喚。
《TG ハイパー・ライブラリアン》の効果で1枚ドロー。
《フォーミュラ・シンクロン》+《TG ハイパー・ライブラリアン》×2で《シューティング・クェーサー・ドラゴン》


方法4
場に《超古深海王シーラカンス》手札が2枚以上ある場合

《超古深海王シーラカンス》の効果で《フィッシュボーグ-ガンナー》《オイスターマイスター》☆4の非チューナ魚を特殊召喚。
《フィッシュボーグ-ガンナー》と☆4非チューナ魚で《TG ハイパー・ライブラリアン》をシンクロ召喚。
《フィッシュボーグ-ガンナー》の効果で特殊召喚。
《フィッシュボーグ-ガンナー》と☆4非チューナ魚で《TG ハイパー・ライブラリアン》をシンクロ召喚。
《TG ハイパー・ライブラリアン》の効果で1枚ドロー
《フィッシュボーグ-ガンナー》の効果で特殊召喚。
《フィッシュボーグ-ガンナー》と《オイスターマイスター》で《アームズ・エイド》をシンクロ召喚。
《TG ハイパー・ライブラリアン》の効果で2枚ドロー。
《オイスターマイスター》の効果でオイスタートークンを特殊召喚。
《アームズ・エイド》を《超古深海王シーラカンス》に装備。(フィールドにスペースを作るため)
《フィッシュボーグ-ガンナー》の効果で特殊召喚。
オイスタートークンと《フィッシュボーグ-ガンナー》で《フォーミュラ・シンクロン》をシンクロ召喚。
《TG ハイパー・ライブラリアン》と《フォーミュラ・シンクロン》の効果で3枚ドロー。
《フォーミュラ・シンクロン》+《TG ハイパー・ライブラリアン》×2で《シューティング・クェーサー・ドラゴン》


方法5
墓地に《黄泉ガエル》《フィッシュボーグ-ガンナー》リチュアと名のついた☆4モンスター
手札に《リチュア・ビースト》とそれ以外に2枚ある場合。

《黄泉ガエル》の効果で特殊召喚。
《フィッシュボーグ-ガンナー》の効果で特殊召喚。
《リチュア・ビースト》を召喚し、墓地に存在するリチュアと名のついた☆4モンスターを特殊召喚。
《フィッシュボーグ-ガンナー》と《リチュア・ビースト》で《TG ハイパー・ライブラリアン》をシンクロ召喚。
《フィッシュボーグ-ガンナー》の効果で特殊召喚。
《フィッシュボーグ-ガンナー》とリチュアと名のついた☆4モンスターで《TG ハイパー・ライブラリアン》をシンクロ召喚。
《TG ハイパー・ライブラリアン》の効果で1枚ドロー。
《フィッシュボーグ-ガンナー》の効果で特殊召喚。
《フィッシュボーグ-ガンナー》と《黄泉ガエル》で《フォーミュラ・シンクロン》をシンクロ召喚。
《TG ハイパー・ライブラリアン》と《フォーミュラ・シンクロン》の効果で3枚ドロー
《フォーミュラ・シンクロン》+《TG ハイパー・ライブラリアン》×2で《シューティング・クェーサー・ドラゴン》


方法6
手札《脳開発研究所》《メンタルマスター》がある場合

《脳開発研究所》の効果で《メンタルマスター》とサイキックモンスターを召喚。
《メンタルマスター》の効果でサイキックモンスターをリリースし《サイ・ガール》を特殊召喚。
《メンタルマスター》の効果で《サイ・ガール》をリリースし《寡黙なるサイコプリースト》(以下Aと表記)を特殊召喚。
Aの効果で手札を1枚捨てて《サイ・ガール》を除外。
《メンタルマスター》の効果でAをリリースし《寡黙なるサイコプリースト》(以下Bと表記)を特殊召喚。
Aの効果で除外していた《サイ・ガール》を特殊召喚。
《サイ・ガール》の効果でデッキトップを除外。
Bの効果で手札を1枚捨ててAを除外。
Bと《サイ・ガール》で《TG ハイパー・ライブラリアン》をシンクロ召喚。
《サイ・ガール》の効果で除外したカードを手札に加える。
Bの効果でAを特殊召喚。
Aの効果で手札を1枚捨てて《サイ・ガール》を除外。
《メンタルマスター》の効果でAをリリースし《寡黙なるサイコプリースト》(以下Cと表記)と特殊召喚。
Aの効果で《サイ・ガール》を特殊召喚。
《サイ・ガール》の効果でデッキトップを除外。
Cの効果で手札を1枚捨ててAを除外。
Cと《サイ・ガール》で《TG ハイパー・ライブラリアン》をシンクロ召喚。
《TG ハイパー・ライブラリアン》の効果で1枚ドロー。
《サイ・ガール》の効果で除外したカードを手札に加える。
Cの効果でAを特殊召喚。
《メンタルマスター》の効果でAをリリースし《カバリスト》を特殊召喚。
《メンタルマスター》と《カバリスト》で《フォーミュラ・シンクロン》をシンクロ召喚。
《TG ハイパー・ライブラリアン》と《フォーミュラ・シンクロン》の効果で3枚ドロー。
《フォーミュラ・シンクロン》+《TG ハイパー・ライブラリアン》×2で《シューティング・クェーサー・ドラゴン》


自分が出せる情報はこれが限界ですかね。
足し算、苦手なんでシンクロとかほとんど使わないんですよ。
あと、余談ですが自分が組んでみたのは☆6☆7を多用するデッキとして【墓地BF】でした。
ここに《BF-極北のブリザード》と☆3BFを入れれば☆5も出ますし、《レベル・スティーラー》を無理なく採用できる。
そういった理由ですかね。

さぁ、キミだけの組み合わせを見つけ出そう!

それではノシ
続きを読む
Category: 考察
2011.02.17 Thu

2011年3月制限リスト&考察

禁止

《ゴヨウ・ガーディアン》
《大寒波》
《マスドライバー》

制限

《オネスト》
《ダンディライオン》
《BF-月影のカルート》
《月の書》
《六武の門》

準制限

《カードガンナー》
《大天使クリスティア》
《魂を削る死霊》
《デブリ・ドラゴン》
《王家の生け贄》
《オーバーロード・フュージョン》
《巨大化》
《神の警告》
《ゴッドバードアタック》

無制限

《カオス・ソーサラー》
《終焉の王デミス》
《スナイプストーカー》
《氷結界の虎王 ドゥローレン》
《封印の黄金櫃》
《スキルドレイン》
《血の代償》



おそらく《ゴヨウ・ガーディアン》は今後出てくるエクシーズ召喚のための布石だと考えています。
コントロール奪取が出来るモンスターが好きな時に出せたらエクシーズ召喚はかなり楽になると思うので。

《マスドライバー》は若干、今さら感はありますがまぁ無限ループを起こせばいつでもワンキルできちゃうので。

《オネスト》ェ…
9枚もどうしろって?

制限は妥当な気もします。
月の書が準制限ををすっ飛ばしてくるのも若干の疑問がありますが。


準制限はなかなか波乱ですね。

なぜ《大天使クリスティア》?
これで打撃を受けるのは【マスタークリス】ではなく確実に【神光の宣告者】ですね。

《オーバーロード・フュージョン》《巨大化》《終焉の王デミス》を見るあたり、
その手のワンキルではこの時代はやって生けないのでしょうか?


《氷結界の虎王 ドゥローレン》は《マスドライバー》が規制されたからかな?

個人的に《血の代償》がうれしかったりします。
これは【スーパードローカラクリ】の時代が…来ないなorz


それではノシ
続きを読む
Category: 考察
2011.01.25 Tue

遊戯王 制限予想

まずはコメ返

> コタツさん

 長いんでSEXでいいです。
 好きに呼んでくださいw

 ☆4の儀式リチュアは《リチュア・ビースト》の蘇生対象になれるわけなんですが、蘇生条件を満たせたら出せますか?
 儀式召喚に関してはまだルールを把握しきれてないです。
 ☆4の儀式リチュアが出たら《リチュアに伝わりし禁断の秘術》を無理なく2~3枚採用できますね。


忘れていましたがここって遊戯王がメインのブログなんですって。
というわけで制限の願望。
あくまで制限予想ではなく願望です。
タイトルが制限予想になってるのは要するにアレだ。客寄せだよ。

記事が長くなっちゃったんで追記へ
続きを読む
Category: 考察
2011.01.12 Wed

TG(テックジーナス) 考察

なんかTGが物凄く出るみたいですね。
TGとはEXTREAME VICTORYに収録される謎のDホイーラーことブルーノと名乗っていたアンチノミーが使うカード群である。
長いw

ソースはhideの部屋



EXVC-JP017「TG ストライカー」星2 地 戦士族・チューナー 800/0 レア
相手フィールド上にモンスターが存在し、自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚する事ができる。フィールド上に存在するこのカードが破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズ時、自分のデッキから「TG ストライカー」以外の「TG」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。

《サイバー・ドラゴン》と同様の効果を持ったチューナ-
戦士族なので《増援》に対応するので後攻1ターン目からいきなりシンクロをして奇襲することが出来ますね。


EXVC-JP020「TG ワーウルフ」星3 闇 獣戦士族 1200/0
レベル4以下のモンスターが特殊召喚に成功した時、このカードを手札から特殊召喚する事ができる。フィールド上に存在するこのカードが破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズ時、自分のデッキから「TG ワーウルフ」以外の「TG」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。

上のTG ストライカーと合わせると召喚権を使わずにシンクロ出来ますね。
「レベル4以下のモンスターが特殊召喚に成功した時」と発動条件は緩めなのでいろいろ悪用できそう。


EXVC-JP040「TG ワンダー・マジシャン」星5 光 魔法使い族・シンクロ/チューナー 1900/0
チューナー+チューナー以外の「TG」と名のついたモンスター1体以上
このカードがシンクロ召喚に成功した時、フィールド上に存在する魔法・罠カード1枚を選択して破壊する。フィールド上に存在するこのカードが破壊された時、自分のデッキからカードを1枚ドローする。また、相手のメインフェイズ時、自分フィールド上に表側表示て存在するこのカードをシンクロ素材としてシンクロ召喚する事ができる。

場に出たときに魔法罠を1枚破壊。
表裏を問わないのでおまけ程度に考えれば強いのでは?
このカードの真価はシンクロチューナーということなので。


EXVC-JP041「TG パワー・グラディエイター」星5 地 戦士族・シンクロ 2300/1000
チューナー+チューナー以外の「TG」と名のついたモンスター1体以上
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。フィールド上に存在するこのカードが破壊された時、自分のデッキからカードを1枚ドローする。

貫通持ちのシンクロモンスター。
TGという範囲で見ても有能な《TG ハイパー・ライブラリアン》がいるので…


EXVC-JP042「TG ブレード・ガンナー」星10 地 機械族・シンクロ 3300/2200 ウルトラレア
シンクロモンスターのチューナー1体+チューナー以外のシンクロモンスター1体以上
このカードを対象とする相手の魔法・罠カードが発動した時、手札を1枚墓地へ送る事で、その効果を無効にする。また、相手ターンに1度、自分の墓地に存在する「TG」と名のついたモンスター1体をゲームから除外する事で、フィールド上に表側表示で存在するこのカードをゲームから除外する。次のスタンバイフェイズ時、この効果で除外したこのカードを特殊召喚する。

最上級モンスターにしては場持ちがいいのでは?
とはいえ苦労してまでこいつを出す価値があるのか…
ロマンがあります。


EXVC-JP0XX「TG サイバー・マジシャン」星1 光 魔法使い族・チューナー 0/0
自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードを「TG」と名のついたシンクロモンスターのシンクロ素材とする場合、手札の「TG」と名のついたモンスターを他のチューナー以外のシンクロ素材とする事ができる。フィールド上に存在するこのカードが破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズ時、自分のデッキから「TG サイバー・マジシャン」以外の「TG」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。

おそらくこいつがTGの中核になる。
TG ストライカー+TG ワーウルフで召喚権を使わすにシンクロした後、
こいつを召喚して☆5のシンクロを出せばTG ブレード・ガンナーが1ターンで出てくる。
強いと思いますが手札消費が…


EXVC-JP053「TGX1-HL」速攻魔法
自分フィールド上に表側表示で存在する「TG」と名のついたモンスター1体を選択して発動する。選択したモンスターの攻撃力・守備力を半分にし、フィールド上に存在する魔法・罠カード1枚を破壊する。

速攻魔法なのでエンドサイクの要領で使い次のターンでシンクロをすれば無駄が無いですね。
ただ、素直に《サイクロン》をいれたほうがいい。


EXVC-JP054「TGX300」永続魔法
自分フィールド上に表側表示で存在する「TG」と名のついたモンスター1体につき、自分フィールド上に表側表示で存在するモンスターの攻撃力は300ポイントアップする。

強化対象はTG以外にも届くので強化カードとしては優秀。
ただ、昨今の遊戯王では強化より除去のほうが優先されがちなので…


EXVC-JP0XX「TG ハルバード・キャノン」星12 地 機械族・シンクロ 4000/4000
シンクロモンスターのチューナー1体+チューナー以外のシンクロモンスター2体以上
このカードはシンクロ召喚でしか特殊召喚できない。このカードがフィールド上に表側表示で存在する場合、1ターンに1度だけモンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚を無効にし破壊する事ができる。このカードがフィールド上から墓地へ送られた時、自分の墓地に存在する「TG」と名のついたモンスター1体を選択して特殊召喚する事ができる。

おい、コナミTG ブレード・ガンナーの居場所が無いぞ。
ノーコストで召喚無効は強いですね。
ただ、召喚条件厳しすぎ。
しかも、《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》に食われるという最大の弱点が…


EXVC-JP0XX「TG レシプロ・ドラゴン・フライ」星2 風 昆虫族・シンクロ 300/300
チューナー+チューナー以外のモンスター1体
1ターンに1度、このカード以外の自分フィールド上に表側表示で存在する「TG」と名のついたシンクロモンスター1体を選択して発動する事ができる。選択したモンスターを墓地へ送る。さらに、墓地へ送ったモンスターのシンクロ召喚に使用したシンクロモンスター一組が自分の墓地に揃っていれば、この一組を自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。

☆2のシンクロチューナー。
ただ、この効果を一体どうやって使えば…


EXVC-JP0XX「TG1-EM1」通常罠
相手フィールド上に存在するモンスター1体と、自分フィールド上に表側表示で存在する「TG」と名のついたモンスター1体を選択して発動する。選択したモンスターのコントロールを入れ替える。

TG専用の強制転移
ただ、選択するカードは自分で決めれるようなので場合によっては優秀
通常罠なので発動までが遅いが、コンバット・トリックを決められるのでなかなか面白そうなカード。


EXVC-JP0XX「TG-SX1」通常罠
自分フィールド上に存在する「TG」と名のついたモンスターが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動する事ができる。自分の墓地に存在する「TG」と名のついたシンクロモンスター1体を選択して特殊召喚する。

対象がシンクロ限定ってのがちょっと使いにくそう。
そして通常罠…


EXVC-JP0XX「TGX3-DX2」通常罠
自分の墓地に存在する「TG」と名のついたモンスター3体を選択して発動する。選択したモンスターをデッキに加えてシャッフルする。その後、自分のデッキからカードを2枚ドローする。

TG専用の《貪欲な壺》。
通常罠なのが評価を下げるが、《貪欲な壺》よりも発動条件が緩い。
TGはシンクロを多用するので使う機会は多いはず。
もしくは《貪欲な壺》に居場所を…


いっぱいありましたね。
ただ。六武みたいな歓迎のされ方じゃないですね。
所々残念感が否めない。

でも面白そうだから2箱買おうかな…と思った矢先こんな情報が

2011年4月16日 遊戯王OCG「GENERATION FORCE」発売
全80種
ウルトラレアカード 5種
スーパーレアカード 9種
レアカード      18種
ノーマルカード    48種
1パック5枚入り 150円
第7期 第5弾

・アニメ「遊戯王ゼアル」で登場する最新カードを収録
・アニメ世界観の要素とOCGオリジナルの要素をバランスよく収録予定


やっぱりTGはこの弾だけで打ち切りなんですね…
そして今後のシンクロシステムもカットビングしちゃうんでしょうかね…

それではノシ
続きを読む
Category: 考察