アルトマイル軸【ロイヤルパラディン】



アルトマイル軸【ロイヤルパラディン】
■グレード 4
4 x 神聖竜 セイントブロー・ドラゴン
3 x 朧の聖騎士 ガブレード
1 x ミラクルエレメント アトモス
■グレード 3
4 x 青天の騎士 アルトマイル
2 x 尚武の騎士 メリアヌス
■グレード 2
4 x スターライト・ヴァイオリニスト
4 x 宝石騎士 そーどみー
3 x ナイト・オブ・ツインソード
2 x 流転の騎士 ブレードゥ
■グレード 1
4 x ホーリーナイト・ガーディアン
4 x 月桂の騎士 シシルス
4 x 必中の宝石騎士 シェリー
2 x ナイト・オブ・シールドバッシュ
■グレード 0
1 x 始まりの伝説 アンブロシウス
4 x 宝石騎士 ノーブル・スティンガー
4 x 炎玉の宝石騎士 ラシェル
4 x 熱意の宝石騎士 ポリー
4 x まぁるがる


初の超越デッキです。
G完ガとかいう新コンテンツに愛想を尽かせて引退を考えてたけどア○ドリでストレージ探ってたら光物が1枚89円で集まってしまったためいつの間にか組んでました。
奴隷はいつまでたっても奴隷でした。

上記していた通り引退を視野に入れていたため全くカードプールことをを知らず考察もしていなかったため新環境においては0でのスタートでした。
そのため、超越というシステムへの理解を深めるところからスタートし始めました。
ざっくりと言ってしまえばドライブチェックが3回発生するというのはそれだけでダブクリの可能性がかなり上昇するため超越するまでにΓライン作って3点叩き込めば超越で捲って勝ちじゃんというのが一番の感想でした。
相手を3点に追い込むというのは難しくなく、後攻をとればG1,G2のVアタック時に☆トリガーを捲ればたいてい最速超越をしても相手は3点になっています。
つまりは先攻をとった場合、最悪6ターン目でゲームエンドの可能性もあるということです。
そのため、ガード値の確保も必須となってくるわけです。
さらに、双闘環境に引き続きG2ストップという戦略も視野に入ってきます。
それらを鑑みてそれらを要する優秀なリクルーターを複数持っているのがロイパラということでこのデッキを握ることになりました。
アメ○リは全く関係ないです。

ロイパラといえば探索者 シングセイバー・ドラゴンの印象が強いですが今回は青天の騎士 アルトマイルがメインVになっています。
1枚に1000円もかけるくらいならイオナをフルfoilで組みます。
理由はスターライト・ヴァイオリニストの存在です。
上記したようにスターライト・ヴァイオリニストは非常に優秀なリクルーターの1種であり、後半の追い上げを求めるより前半の攻めを優先した結果、コストの被る探索者 シングセイバー・ドラゴンは不採用という形になりました。
サイドボードを優先した結果メインVが変わるというのは今までのヴァンガードにはない選定方法だったので個人的にはなかなかカードゲームとしていい風向きだと思っています。
青天の騎士 アルトマイルにも強みがあり、前半で攻めきれなくでも後半で全ラインの数字を底上げしてくれるということで相性も良好です。

相方の尚武の騎士 メリアヌスに関しては深い意味はないです。
G3を4枚にするという考えもあったのですが、どうしてもG3にライドしてから3ターンは継続して超越したいデッキだったためそのためのコストが少なかったというのが大きな理由です。
聖獣の探索者 クロード探索者 セイクリッド・ういんがるのセットの採用も考えられましたが、探索者 セイクリッド・ういんがるの起動効果のためにG2帯の構築を歪ませないといけないというのが悩みの種だったため不採用。
勝機の宝石騎士 イーヴァンはG2帯を歪ませることなくデッキの中の宝石騎士を増やせるためメリットが大きいですが双闘能力以外がほぼバニラなのでどちらを採用しようか非常に悩ましいところではあります。

引退に追い込まれたG完ガについて。
今まで買いそろえた完ガの山はどうするんですかってなって嫌気がさしていましたがドラゴニック・オーバーロード “The X”の存在と名称のおかげで何とか気持ちを鎮めています。
名称G完ガが出たらまた発作を起こします。
宝石名称が早い段階で落ちてくれたほうが宝石騎士 そーどみーが使いやすいため閃光の宝石騎士 イゾルデとどちらにしようか悩んでいますがナイト・オブ・ツインソードの後半の詰めのことも考え現状はホーリーナイト・ガーディアンを採用。

ナイト・オブ・シールドバッシュ
は前半のごり押しから後半、後ろに7000を置けば十分に仕事をしてくれるため結構好きです。


意見や質問は下の拍手を押すとコメント送信画面へ移りますのでそちらからお願いします。
スポンサーサイト

宝石騎士軸【ロイヤルパラディン】

宝石騎士軸【ロイヤルパラディン】
■グレード 3
4 x 勝機の宝石騎士 イーヴァン
4 x 哀哭の宝石騎士 アシュレイ “Я”
■グレード 2
4 x 宝石騎士 そーどみー
4 x 連携の宝石騎士 ティルダ
3 x 共闘の宝石騎士 ミランダ
■グレード 1
4 x 閃光の宝石騎士 イゾルデ
4 x 湖の巫女 リアン
3 x 必中の宝石騎士 シェリー
2 x 宝石騎士 さばるみー
1 x 宝石騎士 ぷりずみー
■グレード 0
1 x 大望の宝石騎士 ティファニー
4 x 宝石騎士 ひるみー
4 x 宝石騎士 ノーブル・スティンガー
4 x 炎玉の宝石騎士 ラシェル
4 x 幸運の運び手 エポナ

大会レポート

10/5 ヴァンガード ショップファイト
ダブルイルミネーション形式

使用デッキ 煉獄軸【かげろう】

1回戦 解放者軸【ゴールドパラディン】
初手、グレード0が5枚。
手札全チェンするも手札グレード2オンリー
非常に申し訳ないことしてしまった。

2回戦 銃士軸【ネオネクタール】
銃士は一時期めちゃくちゃ研究してたから弱いところもわかる。
特に今回当たった方は銃士使ってると陥りやすい勘違いしてるタイプだったから。
銃士ってのは無駄にまわしたところでコスト無駄に使って結果山札2枚圧縮しただけでーすみたいなことになるときがあるんであんまり回しまくるのってよくないんですよね。
銃士はリソース増えないんでRを丁寧に焼いていけば勝手に死んでいきます。
最後はヌーベルで蓋をしておしまい。

3回戦 【スパイクブラザーズ】
いつかはこうなるだろうなーと思ってたけど一番苦手なデッキ。
なんでターン回ってくるとRいなくなってるんですかねぇ。
とか思ってたら、こっちグレード1,2,3が1枚ずつ以外グレード0しか引かなくて攻め損ねてたらむこうの手札めっちゃいっぱいになってオーグル→バッドエンド→オーグルやられて死んだ。

【結果】
1-2

養分やってました。
PRパックはぬばたま☆トリガー
需要なくはないし店員に高く売れるか聞いたら「安いっすよ笑。ぶっちゃけぬばたま使いにちらつかせたほうが有効だと思います」って言われたから手元に持っておく。

10/5 カードファイト!!ヴァンガード ミニヴァンガード甲子園
チーム戦

自分は2人組だったため店に人を集めてもらおうと思ったら2人組が3組あったためせっかくならと全シャッフルして全く知らない二人と参加させてもらいました

使用デッキ 煉獄軸【かげろう】(大将)
先鋒 撃退者軸【シャドウパラディン】
中堅 解放者軸【ゴールドパラディン】

1回戦 ライザー軸【ノヴァグラップラー】
白いデッキはリソース増えないからRの焼却作業
V裏邪魔くさいなーと思って対象に取ろうと思ったらタンクライザー
採用されてるレシピはみたことあったけど使い方やっとわかった。
試合自体は結構長引いたけどむこうはフェニックスライザーだったし猫引かなかったからヌーベルで蓋をして勝ち。
チーム2-1

2回戦 探索者軸【ロイヤルパラディン】
こちら、グレード3がなくて2ターンほど停滞する。
オバログレートの特性として捲る回数多いんで治トリガー捲る可能性も高くなるんですよね。
そのため、執拗にR殴って相手にダメージ貯めさせないように立ち回る。
結果、ハンド差もダメージ差も上回る。
相手がこのターンで決めきらないとって時にシング4枚目素引きしてスキル発動できず。
ライド事故で足引っ張らなくてよかった。
チーム3-0

3回戦 銃士軸【ネオネクタール】
決勝だったんですけど自分たちが組んだチームの片割れチームでした。
なんという身内戦。
初手でグレード1オンリー
よくよく考えたら今回の2大会で手札事故しまくってる。
ゴジョー捻りまくったけどグレード3になるころには手遅れ。
最終ターンに3フラットしなきゃワンチャンスあったけどしゃーない。
チーム2-1

チームにすくわれましたね。
完璧戦犯でしたわ。

PRパックはグランのよくわからんやつ。
大会後に2チームでしゃべってたんですけど「オクタウィウス出したら(売却値的に)争いが起こりかねない」とか言ってたら二人が出しておいおいおいwなんて件の後に「ぬばたまの☆トリガーいる人いますー?」とか冗談交じりに聞いてみたらオクタウィウス当てた対戦相手の銃士の人がほしがってたからあげますよーっていったらオクタウィウスくれた。
店員やるじゃん。

そんな感じで解散して身内とフリーをしてたらチームの撃退の人が「これ使ってください」ってオクタウィウスくれた。
探索組んでないんだけどこれは組まないと申し訳ないよなぁ…

続きを読む

エクシヴ型【ロイヤルパラディン】



エクシヴ型【ロイヤルパラディン】
ブラスター・ブレード・探索者光源の探索者_アルフレッド・エクシヴ
20140502022812!ブラスター・ブレード・探索者探索者_セイクリッド・ういんがる

■グレード 3
4 x 光源の探索者 アルフレッド・エクシヴ
3 x 探索者 セイクリッド・ういんがる
■グレード 2
3 x 弩弓の探索者 ギルダス
3 x ブラスター・ブレード・探索者
2 x 爛漫の探索者 セルディック
1 x ブラスター・ブレード
■グレード 1
4 x 聖棍の探索者 オクタウィウス
4 x 護法の探索者 シロン
4 x 湖の巫女 リアン
1 x ぐりんがる・探索者
■グレード 0
4 x ばーくがる
1 x 始まりの伝説 アンブロシウス
4 x 探索者 ラヴィングヒーラー
4 x 未来の騎士 リュー
3 x 探索者 ハロウドブレス・ドラゴン
3 x 必殺の探索者 モドロン
2 x ふろうがる


甘えじゃないです。
探索者 シングセイバー・ドラゴンはVスタンドで殺しにかかるのに対してこちらは☆とアドバンテージの暴力。
大人しく探索者 シングセイバー・ドラゴン組んでるほうが賢いかもしれないですけど環境的には割とイーブンだと思ってたりもします。

続きを読む

煉獄軸【かげろう】考察

煉獄軸とか言いましたけど完璧に煉獄皇竜 ドラゴニック・オーバーロード・ザ・グレート軸ですね。
煉獄皇竜 ドラゴニック・オーバーロード・ザ・グレート軸【かげろう】ってやるとタイトル長すぎなんで。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。