WIXOSS大会レポート+今後のことについて

今回は変則的に大会レポートのあとにちょろっとデッキ解説して雑記という形で。
雑記に関しては今後の当ブログの今後のことについて書いていくのでちょっと重め

パルク名駅店WIXOSS PARTY
参加人数 10人
使用デッキ 【アン】

1回戦目 【ピルルク】
ノーパンピルルク。
仕事終わりにすき家に寄ってるOLピルルクたんがノーパンだなんて考えるととてもよろしい。
ノーパンでグロウスキップさせてからの全ハンデスするタイプのデッキだったんですがアンとしてはコードラブハート C・M・Rさえ立たされなければ手札なんでどうとでも工面ができるためコンセプトから打破している感は否めなかった。
そのコードラブハート C・M・Rですら雲散霧消でどうにかなるので。
最終ターンにあいてがコードハート V・A・CとBAD CONDITIONのラッシュをかけてきたけどそこも侵犯されし神判 アン・フィフスのエクシードでケア。
危なげなく勝ち。

2回戦目【エルドラ】
なんかよく覚えてないけど幻水 ジンベイつえーってなった記憶はある。
むこうも事故起こしてて結構序盤からクロス・ライフ・クロス使ってたしひたすらエルドラはハンド枯渇しないなーと思いながらフルパンかましてた。
相手も手札少ない中でTRICK OR TREATのハンデス効果使ってくれたしアンは所見殺しのいいデッキだと思いました。
勝ち。

3回戦目【ミルルン】
レポート書いて気付いたけど青3連戦だ。
ハンデスに対しては本当に耐性強いのでありがたい。
ミルルンはヨクトでもティコでもアンに対する回答が出せないので相手方は本当にきつかったと思います。
ネクスト・レディで不可解な誇超 コンテンポラの効果無効にして羅原姫 Neで剥がすってのを3回くらいやってた気がする。
打点で殺せない羅原 Uが親の仇のように恨めしかったけど雲散霧消があるので親の仇であることは水に流してあげた。
相手に攻め手がなくてサーバントが切れて勝ち。

4回戦目【イオナマユ】
正直、アーツを使うためにわざわざ盤面を開けてターンを返してくれたりしたのでとてもやりやすかった。
イオナのアタック強制もそもそもフルパンデッキだから痛手ではないし。
あと、個人的に【イオナマユ】にラスト・セレクトを入れるのは個人的に嫌だなーとか思いながら戦ってた。
勝ち。

4-0で優勝。


デッキ解説


デッキ名: アン
作成者: まと
(デッキ作成サイトで見る)
ルリグデッキ
【ルリグ】
1×《奇跡の軌跡 アン》
1×《想像の創造 アン=ファースト》
1×《過知の価値 アン=セカンド》
1×《後悔の公開 アン=サード》
1×《戦慄の旋律 アン=フォース》
1×《侵犯されし神判 アン・フィフス》
【アーツ】
2×《雲散霧消》
1×《アイドル・ディフェンス》
メインデッキ
【シグニ】
4×《画一の条件 オリガミ》
4×《未解決の逸脱 シュレリス》
4×《非可視の現実 キュビ》
4×《サーバント O2》
4×《サーバント T2》
メイン(ライフバースト)
【シグニ】
3×《無害の一致 ピュリ》
4×《不可解な誇超 コンテンポラ》
3×《高尚たる一筆 スイボク》
4×《サーバント O》
1×《サーバント D》
【スペル】
2×《再誕》


メインデッキに不思議な童話 メルヘ3枚とルリグデッキに天佑神助を追加で。
文句はまだ新規に対応していないデッキ作成サイトのほうによろしくお願いします。

サーバントは13枚。
デッキタイプ【アン】としては最小値をとったつもり。
高尚たる一筆 スイボクが絡むと実質的にディスアドバンテージが無くなるのと白を混ぜないといけないという特性と防御に特化しているという全部と相性がいいです。

ルリグデッキなんですが他のプレイヤーさんに侵犯されし神判 アン・フィフスの必要性を聞かれましたが個人的には必須枠だと思っています。
とりあえず、エクシード3のことは忘れてください。
そうした場合、登場にオーバー・サルベージ。
相手アタック時にシグニ限定のバロック・ディフェンス。
共に汎用性が高く、従来まではオーバー・サルベージ効果は無駄になりがちでしたが天佑神助が出たため手札コストに変換もできるためどちらかというと戦慄の旋律 アン=フォースより積極的にグロウしていきたいとすら感じています。

非可視の現実 キュビは極力ダウン効果を使わないため多く投入している人は少ないですが不思議な童話 メルヘと天佑神助が来たためダウンして天佑神助のコストを確保した後に不思議な童話 メルヘで不可解な誇超 コンテンポラに変換するといったことが可能です。
他のデッキでは非可視の現実 キュビの互換は相手にアタックを促しエナを溜めるために場にとどめておくことが多いですがこのデッキはフルパンが鉄則なのとアドバンテージを大きくとっても仕方がないためこの動きは非常にかみ合っていると思います。


今後の当ブログの方向性について。

このブログができてからこれでちょうど5年目になります。
しかしマンネリか自分の怠慢か更新率は非常に低迷しています。
また、内容も遊戯王から始まりヴァンガード、WIXOSSと変化をしていき内容としては非常にごちゃごちゃとしている状況です。
そして、先日のFC2の不祥事発覚。
正直な話、FC2自体がいつ閉鎖されてもおかしくない状況なのでブログの閉鎖or移転を考えています。
できればこのブログを通してどちらかを決断したいですがそれもままならないため最低でもTwitterでアナウンスはすると思います。
今後ともよろしくお願いします。
スポンサーサイト

WIXOSS 大会レポート

年内最後の大会レポ

12月26日 ぱるく名古屋店 参加人数10人
使用デッキ【紅蓮タマ型マユ】

1戦目【リメンバ】
特に危うげな記憶はなかった。
《創世の巫女 マユ》でエクストラターンもらう前に《聖技の護り手 ラビエル》を3枚並べて相当気持ちよくなりながら勝利。

2戦目【紅蓮ウリス】
身内。
先攻で盤面並べられないの相当棚に上げられたけどLB《大罪の所以 バアル》2連打とかインチキかましたりこっちも並べれてないの揉み消された。
《原槍 アークエナジェ》3連打ずるいとか言ってたけど実質的な被害受けてねぇし《堕落の才女 ルシファル》3連打でこっちは毎ターンアーツ消費してたのも揉み消してたし身内じゃなかったら台ひっくり返してリアルファイトまであった。負け。

3戦目【紅蓮ウリス】先攻2ターン目でエナ溜まってないところで相手が《バロック・ディフェンス》警戒とか言いながら何のケアもせずLB捲りたいだけの《エニグマ・オーラ》ぶっぱ。
《原槍 アークエナジェ》が捲れたところで《創世の巫女 マユ》かよーとかぼやいてたにも拘らずなぜだか《エニグマ・オーラ》ぶっぱするためにグロウスキップ。
さっきの《バロック・ディフェンス》警戒とはなんだったのか。
むこうがストップしてたので大人しく《原槍 アークエナジェ》並べてエナ貯めさせずテンポつかんで勝ち。

オポ差で3位。
ここの大会はいつも身内と当って優勝逃してる。


12月27日 ホビーステーション有松店 参加人数13人
使用デッキ【紅蓮タマ型マユ】

1戦目【紅蓮タマ】
紅蓮タマとはいってもむこうが有効札を持っていなかったため《十六夜の巫女 タマヨリヒメ》ストップしてた。
《創世の巫女 マユ》で次のターンしかけようとしたことにむこうが気付いて《紅蓮の巫女 タマヨリヒメ》でアーム6枚捨ててごり押してきた。
相手もこれで勝てなかったらどうしようもなかったって言ってた。
サーバント握れてなくて負け。

2戦目【遊月・伍】
初めて赤と戦った。
テキストわかんねーと思ってぼんやりとやってたらバニッシュされながらダブクラされた。
なんなん。
最終盤面で《聖技の護り手 ラビエル》《聖技の護り手 ラビエル》の前のパワー7000のシグニどかして殴れば勝ってたのにぼんやりとプレイしてたら別のところバウンスしてて決めきれず、返しで負け。
本当に申し訳ないことをしてしまった。

3戦目【虚無ウリス】
いきなりエナチャージで《修復》が見えてネタバレ。
気分的には守りたくないとか《虚無の閻魔 ウリス》のエクシードのときに突然色当てクーイズとか叫びだしたり終始ノリがよくわかんなかった記憶しかない。
3面トラッシュとかれててたけど《創世の巫女 マユ》でエクストラターンもらって勝ったんだと思う。

4戦目【アン】
フルパンマン。
《先駆の大天使 アークゲイン》《原槍 アークエナジェ》が生き生きとしてた。
デッキの特性上しょうがないけどめっちゃ遅延されてた。
こっちもアンとやるの初めてで最適解が分からなかったのもいけなかった。
むこうのリソースが尽きるまでひたすら《原槍 アークエナジェ》でリソース枯らしてた。

ここで大会終了。

ピルルク捨てて勝てるデッキ握ってったはずなのにプレイわかんなくて4-3とかいう戦犯やってしまったので死にます。
よいお年を

大会レポ

まずはこれを見てくれ。
Untitled 8
ヤッホ~イ

出オチ?そんな退屈なことはしませんよ。
だって出オチどころか自分、出てませんから。

午前中に大会があったんですが自分はバイトがあったんで弟を向かわせたところ手に入ったらしいです。
ってなわけで自分は午後からの大会に出てきました。

使用デッキ:【ペイルムーン】
試合形式:スイスドロー
参加人数:32人

追記にて大会レポ

続きを読む

大会レポ

ヴァンガード無料大会

使用デッキ:【ペイルムーン】
試合形式:スイスドロー
参加人数:30人くらい

いいかげん【ペイルムーン】止めろよって話なんですが弟が【かげろう】を使って出たいというので。
2敗したら抜ける方式でした。
ってなわけで以下大会レポ

続きを読む

大会レポ

ヴァンガード ダークゾーン魔界王決定戦

使用デッキ:【ペイルムーン】
試合形式:スイスドロー
参加人数:32人

全勝者が決まるまで続ける。
狙いはもちろん優勝ではなくパープル・トラピージスト
ガラの悪い人はいなくてよかったです。
やっぱりそういうのって大切だよね。
ってなわけで以下大会レポ

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。