『いい加減』に『いい加減』 ... はじめてでもできるヴァンガード講座
| main |
--.--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む
Category: スポンサー広告
2001.01.31 Wed

第1回 はじめてでもできるヴァンガード講座~導入~

『カードファイト!! ヴァンガード』とは、ブシロードが展開する、トレーディングカードゲーム、
および同ゲームを題材とした漫画やテレビアニメなどの、一大メディアミックス作品である。

ですって。
Twitter上で「『はじめてでもできるヴァンガード講座』的な記事を書こうかな?」とつぶやいたら
反応が返ってきたので軽いルール説明的なものを数回に分けて書いておこうと思います。

今回は導入ということでヴァンガードの概要について書きます。

カードゲームの開発、発売を手がけるブシロードが低年齢の男児をメインターゲットに新たに発売したトレーディングカードゲームである(略称は「ヴァンガード」)。2011年2月末、7月末にトライアルデッキがそれぞれ2種類が発売され、
ブースターパックも現在3種類発売された。また10月末には第4弾のブースターパックが発売される予定。

また、カードゲームの発売に先がけ、2010年末から角川書店『ケロケロエース』にて公式漫画の連載が開始、2011年1月からはテレビ東京系他でのテレビアニメ放映が開始。(ニコニコ大百科より引用)


斜め読みで十分です。
何が言いたいかって10月29日に新しいパックが出たり(2011年10月25日現在)
それ以外にもメディアミックスしてますよって話。

上に書いた通り、漫画とアニメにメディアミックスをしています。
ぶっちゃけ、そちらを見てもらえばほとんどルールを理解してもらえると思います。
こんな文字ばっかり読んでもつまらないですし。
特にアニメ第1話はそういうことを意識してか丁寧にルール説明がしてあるのでここを読んだ後でも見ておいた方がいいです。

第2回~準備するもの~へ続く
続きを読む
スポンサーサイト
Category: はじめてでもできるヴァンガード講座
2001.01.30 Tue

第2回 はじめてでもできるヴァンガード講座~準備するもの~

まずは、ファイトするにあたって必要なものを書きます。
あ、ファイトってのは遊戯王で言うところの「デュエル!」みたいな。
遊戯王は「デュエルしようZEミ☆」でしたがヴァンガードは「ファイトしよwish」です。(Daigo的に)
要するにどっちもそんなに大差ないです。

必要な物
・デッキ(規定を守った50枚のカードの束)
・プレイマット(無くても可能だがあったほうがよい)
・イメージ力
・上記の物を持っている対戦相手

デッキに関してはまた後述。
とりあえずはトライアルデッキを買ってもらえれば問題ないと思います。
カスタムをしなくてもそれなりに戦うことができますし。
どれも主要キャラが使っているものを軸としているので将来性もありますし。
個人的には【VG-TD02】カードファイト!! ヴァンガード トライアルデッキ「帝国の暴竜」をお勧めします。
理由はやっていけば追い追いわかるとは思いますがとりあえず、馬鹿でも勝てるデッキなので。
殴っていればいい、それ以外には何も必要ない。そんな内容となっているので。

プレイマットに関しては正直、なしでもいけます。
互いに理解することが出きれば充分なので。

イメージ力に関しては…アニメを見てください。
じゃないとネタが伝わりませんし見てくれればそれだけで伝わるので。

対戦相手は…おい、泣くなよ…

第3回~カードの説明~へ続く
続きを読む
Category: はじめてでもできるヴァンガード講座
2001.01.29 Mon

第3回 はじめてでもできるヴァンガード講座~カードの説明~~ルール説明 ファイト前の準備~

まずは以下の図を見てください。
カード
正直、この図を理解してくれればここで言うことはもうないです。
多分、今見てもわからない単語だらけだと思います。
ルール説明の時に絡んでくると思うので頭の中に留めておいてくれる程度で問題ないと思います。

ここで覚えてほしいのは左上のグレードが大きいと強力になるってことと
上から3つ目、青い枠のスキルアイコンを覚えてくれればいいです。
わからなくなったらここのページに戻って見直してくれれば。

第4回~ファイト前の準備~へ続く
続きを読む
Category: はじめてでもできるヴァンガード講座
2001.01.28 Sun

第4回 はじめてでもできるヴァンガード講座~ファイト前の準備~

ルール説明 ファイト前の準備ということでここではファイト前に準備することを説明していきます。

「イメージしろ…
 俺たち二人は地球によく似た惑星『クレイ』に現れた霊体(スピリット)だ。」
ということで自分の分身である『ヴァンガード』となり相手のヴァンガードにダメージを与え勝利するといったゲームです。

まずは以下の図を見てください。
プレイマット
最初に自分の分身であるファーストヴァンガード(以降FV)を置きます。
FVの詳しい事に関しては後述で。
とりあえず、左上の数値が0になっててカードの底面が黄色くなってないカードと思ってくれればいいです。
公式ルールに法るとファイト開始までは裏向きで置いてください。
そして、デッキをよくシャッフルをして右側中段にある山札と書かれた場所に置きましょう。
ここで、じゃんけんやサイコロを使い先攻後攻を決めます。
公式ルールではじゃんけんに買ったほうが先行となっています。

その後山札の上から5枚をめくってください。
それが手札です。
このカードゲームでは引き直しが許されていて
ファイト開始前に1度だけ任意の枚数を山札に戻し同じ枚数を引くことができます。

さて、これでファイトの準備が整った。
試合開始の合図はFVを表にしながら
「stand up! ヴァンガード!」

第5回~ファイトの流れ~へ続く
続きを読む
Category: はじめてでもできるヴァンガード講座
2001.01.27 Sat

第5回 はじめてでもできるヴァンガード講座~ファイトの流れ~

ヴァンガードの主な動作は
・ヴァンガードのグレードを上げ、より強力にすること。
・リアガードをコールし、攻撃の手数を増やしたり攻撃の補助をすること。
・相手のヴァンガードにダメージを与え勝利すること。
となっています。
ここでは、その流れを大まかにターンの流れと共に説明していきます。

まずはヴァンガードにおけるフェイズ確認をします。
ヴァンガードでは自分のターン(順番)に
・スタンドフェイズ
・ドローフェイズ
・ライドフェイズ
・メインフェイズ
・バトルフェイズ
・エンドフェイズ
を順に行いその後相手にターンをゆずります。

まずはスタンドフェイズ。
レスト(横向き)状態のユニットをスタンド(縦向き)状態にするフェイズです。
これは詳しく書くこともないでしょう。
レストに関しては後述。

ドローフェイズでは山札からカードを1枚ドローします。
これに関しても詳しく書くことはないですね。

ライドフェイズ
簡単に言えば自分の分身であるヴァンガードを強化するフェイズです。
ヴァンガードは1ターンに1度だけ(例外を除く)自身をさらに強いユニットへライド(昇格)することができます。
その時のルールとしては、現在のヴァンガードとグレードが同じか1つだけ大きいユニットにしかライドできない。
つまりG0からG1にライドすることはできますが、G1からG3にライドすることはできません。
基本的に、ファイト前の手札入れ替えはここでライドミスをしないようにG1からG3までを1枚ずつ手札に持ってくるのが理想です。

メインフェイズ
このフェイズ以降は説明が厄介なので後述ということで。
その名の通りメインになるフェイズ。
基本的に起動効果を発動させたりリアガードをコールするフェイズです。

バトルフェイズ
勝利に直接つながるフェイズです。
このフェイズに攻撃をし、相手のヴァンガードに6ダメージを与えることでファイトに勝利することができます。

エンドフェイズ
自分のターンを終了することを宣言するフェイズです。
ここでは特に行うことがありませんが一部カードはここで効果を発動するものもあります。

第6回~メインフェイズの詳細~へ続く
続きを読む
Category: はじめてでもできるヴァンガード講座

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。