PRISM軸【バミューダ△】



PRISM軸【バミューダ△】

・グレード3(7枚)
3 PRISM-I ヴェール
4 PRISM-P ラブラドル

・グレード2(11枚)
4 プリティセレブ シャルロット
2 PRISM-P ケルト
4 PRISM-R リュミエール
1 PRISM-I ローザ

・グレード1(15枚)
3 マーメイドアイドル セドナ
4 PRISM-I クリア
4 PRISM-R メルキュール
4 マーメイドアイドル エリー

・グレード0(17枚)
1 PRISM-S コロ
3 ガンスリンガースター フロリダ
3 コミカル・レイニー
4 PRISM-M カナリア
2 PRISM-M アドリア
4 PRISM-M ティモール


若干、世の中のPRISM軸とは構築も考え方も違います。
各グレード事の採用理由

グレード3
アドバンテージの取れるデッキではないのでPRISM-I ヴェールは少なめ。
あまり率先してライドしたいユニットでもコールしたいユニットでもないです。
といっても優先して乗りたい場面もあるのですが。
バミューダ△候補生 シズクが採用されていないので7枚は若干怖いですが概ねこれでいいと思われます。

グレード2
ここが一番他のものとの差異点。
プリティセレブ シャルロットですよね。
こいつは後で説明。
PRISM-I ローザは単純に5枚目以降のPRISM-R リュミエール。
PRISM-S コロを場に常駐させておきたいので16000ラインを組むために。
といっても、今の環境だと9000が前衛にいる場面が少なくないので14000維持できればいいのかもしれません。
PRISM-P ケルトは弱くないのですが、このデッキは基本的にG2は使い捨てなのでほしいタイミングでの瞬間最大打点を狙うこのユニットはタイミングを見て1~2回使うくらいでいいです。

グレード1
マーメイドアイドル セドナ以外は迷いないはず。
PRISM-I クリアはPRISM-P ケルトと一緒ですが名称のG1が少ないのでフル投入せざるを得ません。
マーメイドアイドル セドナはプリティセレブ シャルロットとの兼ね合いを見て。

グレード0
バミューダ△候補生 シズクを採用している人が多々いますが僕はPRISM-S コロ安定というかPRISM-S コロじゃないとやっていけないと思っています。
いや、別に否定するわけじゃないですけどあくまで環境を見たときにって話です。
現状、PRISMが環境でやっていくにはPRISM-P ラブラドルのスキルしかないので。
PRISM-S コロを複数採用する人もいますが、それをやるとRの前衛を11000にしないといけないので必然的にPRISM-I ローザが増えます。
PRISM-I ローザはパワー8000しかないのでライドすると不安が残ります。
今の環境、G1バニラは減りましたが、0ではないですし【エイゼル】などのG1が主力のデッキも少なくないので。


プレイング
先ほども言いましたが現状、このデッキはPRISM-P ラブラドルのスキルで3点から相手のLBを発動させずに3点与えて勝つしかないです。
できることならそれ以外は考えないでください。
PRISM-P ラブラドルのスキルを積極的に発動させるためになるべくG2はインターセプトに使ってください。

ですが、どうしてもPRISM-P ラブラドルのスキルが発動できなかったりうっかり4点目を与えてしまう場面があります。
その時のプリティセレブ シャルロット。
PRISM-P ラブラドルは手軽にバウンスできますが、なかなかそれをメリットに生かしにくい。
そこでPRISM-P ケルトとPRISM-I クリアですよ。
こいつらのスキルで21000ラインを組んでもなかなか生かすことができないんですがPRISM-P ラブラドルのスキルが使えない3点の時にプリティセレブ シャルロットで21000を組んでアタックをすればノーガードからのアタック増加とPRISM-P ラブラドルガード強要か15000ガードを強いることができます。
21000ラインを組むためにはマーメイドアイドル セドナをブーストするしかなくどうしても揃えるために多めに採用せざるを得ないですが実質、脳筋で非名称がダメージに落ちると死に札になるこのデッキなら十分に活躍してくれます。


デッキ依頼・デッキ診断はコチラ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。