『いい加減』に『いい加減』 ... 2015年05月
| main |
2015.05.28 Thu

ミルルン レベル3帯について

ミルルンのレベル3帯についての考察。
考察ってか自分が採用する種類とか枚数困ってるからそれを定めるためにね。

He
個人的には実質、欲しいカードが2枚来る可能性もあるのでヴァルキリーより高評価だったりする。
この手の互換の中でも強力かつデッキに噛み合っていると思う。
ヨクトでは複数面開けることが難しいためただ、仕事のない壁シグが2面できてしまうのをこいつの能力で回避したり、Uと揃えてゲットレディと相性がよかったり、ダウン効果のみを使ってUuoのコストにしてしまったり、そもそもエナの足りないデッキなので囮としてアタックしてもらってエナを増やしたり仕事はかなり多いです。
ただ、H主体でバンバン盤面を開けていくデッキとの相性はいまいち。

Ar
コスト0のスペルを回収できる。
今後のプールの増加によっては化ける、ってか既にやばい。
成長する未来や噴流する知識で1エナチャージor1ドロー。
回数制限とかある程度の制約はあるもののネクストレディを回収すれば4つの能力を複数同時に発動することも可能。
SHORTはミルルンが出た弾でこそひどい言われようだったが徐々に種類が増え使い勝手としてはなかなか良好。
前半の速攻には絶対の炎武。
後半の一押しには一投。
まだ、来ていませんがミルルンのユニークスペルによってはもっと大変なことになりますね。
さらにLBでスペルを回収。
パワーも8000あるため、ケルベルン等の厄介な互換を殴り倒すことができます。
どこをとっても弱いことが書いてないです。
ただ、こいつを採用する場合はコスト0のスペルを採用しないといけないためスロットが余分に必要なのが一考しなければいけない点ですね。

O
Hの相方。
Arは登場時にトラッシュに噴流する未来が落ちているという条件で実質1ドローになるのに対してこちらはクロス達成時に1ドロー。
噴流する未来よりHのほうが採用しやすい点で優れるが実質、シグニのレベルが4になるまではバニラという点で劣ります。
また、Arはトラッシュによっては別の能力も使えるという意味で相対的にこいつの評価は低めだったり。
Arはバーストも強いしね。
こいつはHとのヘブン達成時に原子のシグニを回収できるというところで評価したいがアタックフェイズ中に回収なので使用できるのが次のターン以降というのもよろしくない。
ディスカードを誘発する可能性もあるし。
こいつはユニオンで+αのサポートをしていかないと他のレベル3に見劣りがちなのは否めない。

Th
見落とされがちだけどたまに採用したくなる。
ディスアドバンテージなしのそこそこ確定の手札入れ換え、及第点のパワー、まぁ悪くはないです。
ケミカルフラッシュとか種類参照のカードが増えると評価されるかもね。

Uus
糞互換。

Mn
かわいい。
レベル3のバニラはなかなか評価されない現状。


適当に書きなぐったけど、わかりきったことを書いただけだったし定まったわけでもないし1時間消費しただけでした。
自分のレベル3の採用枚数とか質問とかコメントお願いします。
そのうちレベル4でも同じことします。
続きを読む
スポンサーサイト
Category: WIXOSS Comments (2)