星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン 所感

星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴンをはじめ、13弾で登場するユニットを搭載したLJをプロキシで組んでみたので所感をば。
とりあえず、以下が今回使用したレシピ


【リンクジョーカー】
■グレード 0
1 x 星輝兵 ダストテイル・ユニコーン
4 x 星輝兵 ステラガレージ
3 x 星輝兵 スカウンティング・フェリス
3 x 星輝兵 ヴァイス・ゾルダート
3 x 星輝兵 ネビュラキャプター
3 x 星輝兵 メテオライガー
■グレード 1
4 x 黒門を開く者
4 x 障壁の星輝兵 プロメチウム
4 x 魔弾の星輝兵 ネオン
2 x 獄門の星輝兵 パラジウム
■グレード 2
4 x 無双の星輝兵 ラドン
3 x 星輝兵 メビウスブレス・ドラゴン
4 x 星輝兵 コロニーメイカー
■グレード 3
4 x 星輝兵 インフィニットゼロ・ドラゴン
4 x 星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン
※赤字が新規カード


12弾までのリンクジョーカーと違いハンドアドバンテージが莫大にとれるようになりました。
パワー上昇がなく手札が増えるため消耗戦になります。
しかし、星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴンの特性上前衛を退却させることが多く相手のほうが先に手札切れを起こすのは明白です。
また、ほかのデッキと違うのは相手に問わず呪縛をしてしまうためほぼどの相手とも対等に戦うことができるのが強みです。
ただ、安定感がなく手札事故をしてしまったり相手から連続でトリガーを貰うと巻き返すことが難しい感じはしました。

対星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴンで考えることはまず速攻ですね。
次にダメージコントロールです。
上の二つは若干矛盾しているようですが早めに3パンでRを削ってアドバンテージを稼いでいきましょう。
あまり早めにダメージを与えると早めにLBされるとそこからアドバンテージ差を付けられてしまうので相手の裏向きのダメージと盤面を見て調整してください。
具体的には使っている側としては表側のダメージが2枚以上は欲しいと感じました。

あと、星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴンのスキル的に引トリガーが多めのほうがいいかと思って6枚入れていますが使ってみるとそんなに多くなくてもいいのではと思うところもありました。
関連記事
スポンサーサイト