竜剣双闘環境【探索者】考察

274px-ブラスター・ブレード・探索者 275px-探索者_シングセイバー・ドラゴン 
正直、個人的に【探索者】に関して自分はあまり評価が高くないです。
【探索者】は双闘の特徴とも非常にマッチしており、山札をスペリオルコールで潰しつつ双闘のコストで山札の中のトリガー率を上げながら探索者 シングセイバー・ドラゴンのスタンドによって試行回数を増やして相手よりも明確に1試合中に多く「ヴァンガード」をして勝ちを取るといったデッキです。
つまり、平たく言えば2体1で相手を殴りに行ってるのと大差ないのです。
数の暴力です。

あと人気が高いです。
アニメの主人公デッキですからね。
使用者数も多いです。
ヴァンガードで一つのデッキの結果を残すためには多い人数で試行回数を増やしてやるってのが一番手っ取り早いのは騎士王の時代からわかってるので。
数の暴力です。

別に、自分が人気者じゃないから人気のある【探索者】に妬いてるとかそんなことは断じて無いです、断じて。

思考が今までのヴァンガードだったらダントツで強いですし自分も嬉々として握ってたでしょうね。
ただ、竜剣双闘環境になって明確に勝ちを目指すデッキが増えすぎました。
つまりは今までと同じヴァンガードとは違うのです。
そんな中で今までと同じことをしているってのが評価が低い原因です。

とは言っても展開力、除去、各カードのステータス。
どれをとっても非常に高く安定感のある非常に良いデッキだと思います。


当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータ
ルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。
該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。 
(C)bushiroad All Rights Reserved


関連記事
スポンサーサイト