ヴァンガード デッキの組み方

なんか、デッキの組み方を教えてくれって言われた気がするんでザクッと書きます。
斜め読み推奨です。

 ヴァンガードというのは基本的にはメタファーというものが少なく基本的にやりたいことやったもん勝ちみたいなゲームです。
だから、そんなに難しいこと考えなくていいんですよね。
公式の方でも考えなくてもデッキ組めるよーってやってくれていますし。
お陰で、実質上位互換みたいなカードがポンポン出てユーザーを悩ませているのも事実ですが。

現在の環境で主だったメタファーは双闘からの即死コースが待っているので双闘のメタとしてG2ストップという技術がありそれをさらに有効に活用するためにG2バニラを積むというもの。
ブラスター・ダーク・撃退者 “Abyss”の採用に伴い所謂シズク互換やG1以下のシステムカードや補助カードを厚くするもしくは無しにする程度ですかね。
以上をこっそり頭の隅において構築します。

ますはG3
個人的には2種類8枚採用をおすすめします。
ただ、双闘メタのためにG2ストップをするため最速ライドを要求されない場合もあるので最近は4枚構築というものも多々見られます。
G3引かなくて負けたって言わなければなんでもいいと思います。

次にトリガー比
基本的には☆8、引4、治4でいいです。
そこからは回してみての微調整。
基本的にG3が戦いの主になるためG3の殺意足りてねーなと思ったら☆増やせばいいしサイドカードでアドバンテージ取れねぇなと思ったら引増やせばいいと思う。
☆8、引4、治4だろうが☆7、引5、治4だろうが気持ちの問題なんでそんなにピリピリする必要はないと思うんですけどね。
近年では醒トリガーにも良いスキルをつけてくるようになったのでスルーするのは結構もったいない気もします。
スルーするー

次にFV
ここにシステムカードが多い場合があるので今後は何を採用するかってのがシビアになってくると思う。
基本的にはシズク互換でいいと思うけどこいつに重きをおいてG3少なめにすると最速でブラスター・ダーク・撃退者 “Abyss”に焼かれて痛い目見るかも…
でも、事故回避できるシズク互換は優秀です。
最近のFVは双闘前提のものも多いしブラスター・ダーク・撃退者 “Abyss”の的を反らせたと思えば儲けものかもね。

G0は優秀なものが多くFV候補であっても複数積みたいカードなんかもあるんですが基本的には不採用。
強くても事故ってたら元も子もないので。
最近はネコ執事なんていうイレギュラーカードも出てきましたけど。

これでG3とG0が決定しました。
基本的には4~9枚+17枚程度になると思います。

次はグレード比。
多分、考えるべきはG1のほうでG2は引き算で出てくる感じ。
G1はアタッカーにもブースターにもなれるのでこっちを基準にすればいいと思います。
ざっくりとサーチカードやアドバンテージにつながるデッキはここを薄くしてもいいと思います。
具体的に言うと13枚が最低。
稀に12枚の構築とか見ますしやりますけどある程度の事故は覚悟してくださいってやつ。
G1事故をやらかすと目も当てられないですからね。

G1の採用基準。
とりあえず、守護者は4枚入れましょう。
悪いことは言わないんで4枚入れましょう。
完ガかQWかはデッキ次第。
CB全く使わなければQWくらいの気持ちでいい。
あとは双闘のためのドロップ肥やし補助。
なので、基本的にG1の枠は9~11枚くらい。
最近、採用減ってるけど前衛足りなければケイ互換入れてやればいいしゴジョー互換やラックバード互換でドロップ肥やし補助してやるでもいいし。
結構クランで偏りがあるんで考えずとも導き出されるみたいな所あります。

最後にG2
個人的にはここが一番悩むんですよね。
引き算で枚数出てくるとか言いましたけど枠キツキツで無理やり広げる時ありますし。
G1G2で同じ能力のシステムカードがあると基本的にはG2側で採用することが多いです。
理由はインターセプトで盤面を作り出せるから。
特に登場時効果は盤面開けれてなんぼみたいな所ありますし。
あと、ヴァンガードは永続効果のシステムカードが極めて少ないので。
さらに前述したとおりG2バニラも有効な札になりましたしレギオンメイトの存在もありますし。
ここで悩まないと割と悩むところないと思います。
なので悩んでください。

あと、ここまで書いといてあれだけどデッキに正解なんてものはありません。
俺は右手が光るから切り札カードは1枚でいいんだってのもいいと思います。
ただ、それで負けた理由を構築のせいにするのはつまり自分のデッキを考えた時間を否定することになるので構築のせいで負けたではなくここの構築が主なウィークポイントだからここを直すべきだって次に繋げられる構築が素敵だと思います。

関連記事
スポンサーサイト