スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




デッキ名: 《黒点の巫女 タマヨリヒメ》
作成者: まと
(デッキ作成サイトで見る)
ルリグデッキ
【ルリグ】
1×《黒点の巫女 タマヨリヒメ》
1×《新月の巫女 タマヨリヒメ》
1×《新星の巫女 タマヨリヒメ 》
1×《半月の巫女 タマヨリヒメ》
1×《弦月の巫女 タマヨリヒメ》
1×《天空の巫女 タマヨリヒメ》
1×《創世の巫女 マユ》
【アーツ】
1×《アンシエント・サプライズ》
2×《デッド・スプラッシュ》
メインデッキ
【シグニ】
1×《コードアンチ メガトロン》
2×《コードアンチ アステカ》
3×《コードアンチ キティラ》
3×《コードアンチ パルベック》
2×《探求の思想 ハニエル》
2×《やり直しの対話 ミカエル》
3×《忘得ぬ幻想 ヴァルキリー》
2×《サーバント O2》
【スペル】
2×《リバイブ・フレア》
メイン(ライフバースト)
【シグニ】
3×《コードアンチ テキサハンマ》
2×《アイン=ダガ》
3×《コードアンチ アラハバキ》
4×《サーバント O》
2×《サーバント D》
2×《サーバント T》
4×《先駆の大天使 アークゲイン》


《黒点の巫女 タマヨリヒメ》に重きを置いた構築。
単純なルリグのカードパワー勝負なら《創世の巫女 マユ》 に勝っているため現状、自分はこちらを専攻して使っています。

《天空の巫女 タマヨリヒメ》の採用理由はコストが軽いからだけではなく《コードアンチ パルベック》《先駆の大天使 アークゲイン》×2の盤面が作れるためといった理由も内包されています。
基本的には《先駆の大天使 アークゲイン》を蘇生してビートダウンしていくというのがこのデッキの基本戦術になっています。

《創世の巫女 マユ》 の採用理由なんですが《黒点の巫女 タマヨリヒメ》のグロウ条件が満たされているときはたいてい《アンシエント・サプライズ》の一つ目のモードでリフレッシュされてしまう圏内のためそれをやれてしまうと戦況が一気に辛くなるためそれの回避用。
《アンシエント・サプライズ》を1枚使用してもらった後に《創世の巫女 マユ》 のエクストラターンがもらえるようになるため愛称はなかなか良好です。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。