サシェ 各種カード考察

そろそろネクストセレクターが発売ですが自分はサシェをメインに据えるとかいって意気込んでるんで遅筆ではありますが少しずつ考察を書き溜めていきます。
考えてる時間自体は長いですがそんなにたいしたことは書いていません。


《博愛の使者 サシェ・プレンヌ》
レゾナ登場時に発動する常時効果とレゾナシグニをコストにする起動効果を持つ。
両方ともコストの軽い除去でサシェにおいてレゾナをすることはさして難しいことではないので非常にアグレッシブに使うことができます。
しかし、いくらコストが軽いといえど毎ターン発動していくといいうのが理想形になると思うのでコストの枯渇に注意。
また、二つ目の効果はレゾナシグニをトラッシュに送らないといけないため基本的には使い切りの効果と考えたほうがよさそうです。

《悠久の使者 サシェ・プレンヌ》
レゾナシグニ登場時にエナチャージ1する能力と自身をダウンすることで宇宙のシグニをサーチする能力。
一つ目の常時効果はサシェにおいてエナ消費=アドバンテージにつながるものが多いため非常に有用なだけではなく登場時効果を持つレゾナシグニを自発的に再利用するためにはエナフェイズでそのレゾナシグニをエナチャージしないといけないため実質的にエナがたまらないといったことが起きるのでそれをケアできて非常に優秀。
1エナで動く効果が多いのも相まって優秀。
二つ目の効果も1体有用なシグニを持ってくると連鎖的にアドバンテージが取れるデッキなのでこいつをレストするだけでアタック以上の効果が得られる場面も少なくありません。

《白羅星 サタン》
個人的にサシェを握ろうと思った理由その一。
ルール介入効果は強いです。
もうなんかこいつのいっている意味ぶっ飛びすぎて意味わかんないです。
実質的に相手が選ぶトラッシュ効果と蘇生効果を無効化する能力と考えればいいかと。
とはいえ、2枚のディスアドバンテージは大きいです。
ヒント増やしてメタ張られたくないんであんまり言いたくないですがサシェを攻略するためにはこのカードへの理解を深めることが1番だと思います。
こいつへの防御方法わかるだけでだいぶ楽になると思う。

《白羅星 ネプチューン》
サシェを握ろうと思った理由その二。
ルール介入効果は強いです。
こいつのせいでサシェ先攻にめっぽう強いです。
後攻1ターン目に2面埋めきれないって場面も少なくないんで絶望的に強いというわけではないですがそういう状況に持ち込めるというだけで強いです。
おまけのようにレベル1をサーチしてくるのも意味わかんないしなんなんこいつ。
《羅星姫 ミルキィウェイ》
俺はイラストだけで採用するなんて不埒な考え方はできないのでこのカードを10000000000枚くらい採用したいです。
ミラーマッチで《白羅星 サタン》ケアできるので《悠久の使者 サシェ・プレンヌ》を軸にしてたら割と必須級。
レゾナ限定のノーゲインみたいな効果もやばい。
後半のやっつけ感やばいけどとりあえず、最低限は書いたつもり。
なんもかんもFC2のエディタ機能が俺の思うように動かないのが悪い。
あと、全然評価されてないんですけど個人的にミルルン・ユニオンはそこそこのポテンシャルを秘めてると思ってます。
気が向いたらミルルン・ユニオンのポテンシャルの高さとかこの記事の追記とかやるかもねやりません。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント