FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博愛の使者【サシェ】



デッキ名: 博愛サシェ
作成者: まと
(デッキ作成サイトで見る)
ルリグデッキ
【ルリグ】
1×《悠久の使者 サシェ・ヌーベル》
1×《悠久の使者 サシェ・クロワス》
1×《悠久の使者 サシェ・カルティエ》
1×《博愛の使者 サシェ・モティエ》
1×《博愛の使者 サシェ・プレンヌ》
【アーツ】
1×《ゼノ・マルチプル》
1×《ピンチ・ディフェンス》
1×《レゾナンス・マーチ》
【レゾナ】
1×《白羅星 サタン》
1×《白羅星 ジュピタ》
メインデッキ
【シグニ】
4×《羅星 ポラリス》
4×《羅星 デネブ》
4×《羅星 ミモザ》
1×《羅星 アルファード》
4×《サーバント O2》
【スペル】
2×《ゲット・アルマンダル》
1×《ネクスト・レディ》
メイン(ライフバースト)
【シグニ】
3×《羅星 スピカ》
4×《羅星 アルタイル》
4×《羅星 ベガ》
4×《羅星姫 ミルキィウェイ》
3×《サーバント O》
【スペル】
1×《メテオ・アドバンテージ》
1×《SEARCHER》


《博愛の使者 サシェ・プレンヌ》を軸にしたデッキ。
安定感のある《悠久の使者 サシェ・プレンヌ》と違い、爆発力と勢いで攻めていくデッキ。
《悠久の使者 サシェ・プレンヌ》が《白羅星 サタン》で点を取っていくのに対して《博愛の使者 サシェ・プレンヌ》は《白羅星 ジュピタ》でアドバンテージを意識して戦っていく。

基本的な動きは《白羅星 ジュピタ》レゾナ→《博愛の使者 サシェ・プレンヌ》の1つ目の起動効果といった流れなのだがその際にレゾナのコスト(盤面ー2)、《白羅星 ジュピタ》(盤面+1)、《白羅星 ジュピタ》の1つ目の効果(エナ+2)、《博愛の使者 サシェ・プレンヌ》の1つ目の起動効果(エナ-1)といったアドバンテージの推移が行われる。
結果的に盤面-1、エナ+1で相手シグニをバウンスしているためバウンスとトラッシュや除去対象の差異はあるものの悠久サシェ、サタンのコンボより1枚盤面の損失が少ない上での除去を可能にしています。
このアドバンテージの差をどれだけ生かせるかで博愛サシェの真価が決まると言っても過言ではありません。

要は同名カードをきちんと揃えてくださいってことです。
質問や採用理由はコメントにどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。