スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電機ミルルン

 デッキ名: 電機ミルルン
作成者: まと
(デッキ作成サイトで見る) 
ルリグデッキ
【ルリグ】
1×《ミルルン》
1×《ミルルン・ナノ》
1×《ミルルン・ピコ》
1×《ミルルン・アト》
1×《ミルルン・ヨクト》
【アーツ】
1×《ドント・エスケープ》
1×《ゼノ・マルチプル》
1×《スピリット・サルベージ》
1×《アイドル・ディフェンス》
1×《アンシエント・サプライズ》
メインデッキ
【シグニ】
3×《コードアート S・C》
1×《コードアンチ アステカ》
2×《サーバント O2》
2×《サーバント T2》
【スペル】
4×《THREE OUT》
3×《RAINY》
1×《TRICK OR TREAT》
2×《MAGIC HAND》
1×《烈情の割裂》
1×《三剣》
メイン(ライフバースト)
【シグニ】
4×《コードアート G・R・B》
4×《羅原 Ar》
3×《コードアート H・T・R》
4×《コードハート A・M・S》
3×《サーバント O》
1×《コードアンチ ドロンジョ》
【スペル】
1×《成長する未来》


お久しぶりです。
留年の闇を振り切り就活の闇から逃げ切ったところで卒論の闇に捕らわれたので現実逃避がてら114514年ぶりくらいにブログを更新しました。

今回は電機を軸にしたミルルンの紹介。
ひょんなことから《コードアート H・T・R》のシークレットが手に入って《コードハート A・M・S》が強いってことで組みました。
本当はもうちょっと理由あるんですけどその辺の詳しい話は追記で。

自分の中でミルルンの課題ってのは序盤の立ち上がりだと思ってずっと握り続けていたんですよね。
でも、最近のカードって特に低レベル帯は糞互換ばっかで革新的なカードが全然ないんですよね。
と思ってたら電機でスペルプッシュしてくるし《コードアート H・T・R》とかいうカード出たんで思わず組んじゃいました。

なんで《コードアート H・T・R》をこんなに押してるかっていうとルリグがレベル4にならなくても仕事してくれる低レベルって実はかなり久しぶりの登場なんですよね。
低レベルクロスを除けばケルベルンとかあの辺の互換以来。
実際、《コードアート H・T・R》の効果なんてハンデスくらいしかしないんで《コードアート O・S・S》で充分だったりする試合のほうが多かったりします。
ただ、このカードは序盤からのドローブーストをしてくれるので引きたいカードを引ききれなかったり山札、トラッシュ調整をするときに一役買ってくれるタイミングが極稀に存在する気がします。
あとはシークレットの光り方とおっぱいがきれいです。
《コードアート G・R・B》の存在も大きいですね。
《コードアート H・T・R》と《コードアート G・R・B》だけで序盤どうにかなってるってことにしてください。

スペルは大きく偏重していて《THREE OUT》はフル投入です。
通常の原子ミルルンと違って《羅原 Ar》を《羅原 U》で回収して使いまわすといったことができないため通常よりもデッキを回転させるカードを増やして特定のカードを引かずともリフレッシュを狙えるようにしたためです。
といっても基本的なフィニッシャーは《コードハート A・M・S》なので無理にリフレッシュせずとも3回スペル使えればリフレッシュする必要はないです。
どちらかというとリフレッシュした後に早急にトラッシュにスペルを貯めるために回すことが多いです。

《ネクスト・レディ》は入ってません。
上記のとおり、《THREE OUT》で早い段階でデッキをリフレッシュをするので3回目引くタイミングが多かったのと《三剣》を入れたためエナ落ちする可能性が増えたという点が大きいです。
あとは《コードハート A・M・S》をメインに据えたため今まで《ネクスト・レディ》で効果を消していた《黒幻蟲 アラクネ・パイダ》や《聖墓の神姉 ムンカルン》あたりのシグニがそこまで脅威ではなくなったという点もあります。

質問などありましたら適当にどうぞ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。