『いい加減』に『いい加減』 ... WIXOSS ママ デッキレシピ ver.1.0
 1件ずつ表示 
--.--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む
Category: スポンサー広告
2016.12.27 Tue

WIXOSS ママ デッキレシピ ver.1.0


デッキ名: ママ
作成者: まと
(デッキ作成サイトで見る)
ルリグデッキ
【ルリグ】
1×《ママ 0》
1×《ママ 1 MODE2》
1×《ママ 2 MODE2》
1×《ママ 3 MODE2》
1×《ママ 4 MODE2》
【アーツ】
2×《水天一碧》
1×《全知全能》
1×《サクシード・ディストラクト》
1×《イノセント・ディフェンス》
メインデッキ
【シグニ】
4×《論英の数式 #フェルマ#》
4×《虚英の数字 #キョスウ#》
2×《追英の文章 #オイツキ#》
1×《思索の体現 *シンカー*》
4×《サーバント O2》
1×《サーバント Q2》
【スペル】
4×《創造》
メイン(ライフバースト)
【シグニ】
4×《木英の文章 #ウエキ#》
2×《足英の文章 #ツルカメ#》
2×《懐古の音色 リコダス》
2×《彩英の秘宝 #ノーベル#》
3×《理英の謎箱 #シュレデ#》
4×《幻水姫 ダイホウイカ》
3×《サーバント O3》


続きを読む 実際にカード触ってみて調整してLostorageツアー東京で無敗のママ。

以下、採用理由
  • 《ママ 4 MODE2》
Lostorageルリグって基本的に専用ルリグで結構、構築縛られちゃうんですけどめずらしくそれがない。
なので調理で固められていたりスノロップを使う方なんてのも過去に見たことがあります。
シュレデがエナを手札に変換できるため腐りにくいエナチャージかエナチャージ等で増えたエナから英知を回収できる効果。
コイン技もコストが少なく、この構築なら3~5回は確実に発動できる実質的な防御アーツ。
総合力としてはかなり水準の高いカードだと思っています。


  • 水天一碧
基本的には2面ダウン+残りのどれかという使い方になるかと思われます。
エナチャージにすれば実質1エナで使用できたりエナチャージしながら英知を回収したりその逆ができたりママの自動効果と合わせることでかなり柔軟に動くことができます。
逆に言ってしまえばママの自動効果である程度の融通が利くので例えば緑版のドントエスケープみたいなカードが来たらそちらになってしまう可能性が高かったりして実は器用貧乏でババを引いてしまうタイプのカードかもしれません。
  • サクシードディストラクト
Lostorage組の代名詞みたいになってしまいましたね。
ママの自動効果を絡めると因果応報を打たれてもこのカードを使うと水天一碧を打てるだけのエナを捻出することができます。
また、Lostorage組が軒並み苦手なアークゲインに対しても明確な回答を得られるため優秀です。

  • イノセント・ディフェンス
汎用単色アーツ。
パフォーマンスはそこまで高いとはいえませんがルリグ止め、サルベージが付いている為、最低限仕事します。
最初は暴風警報だったのですが、暴風警報の役割のタマユを止めれるという点以外はほぼクリアできると思ったためこちらに変更。
主に輪廻なんですけど環境の動き方次第で変わってくるので実質自由枠。

  • 全知全能
現状のアーツで一番怪しい枠。
他のアーツがダウンばっかで除去しておきたい厄介なシグニなんかに対応できるカードで行き着いたのがこれ。
正直、コストがデカくてあまり防御アーツって感じがしないってのとこいつを使用するために動きが制限されてしまうため別のカードにしたい。
雲散霧消は条件があるしなんだかなぁ。
相手にしてみて非常に厄介なカードでママを相手にしたときは確実に警戒されるカード。
どちらかというと存在が強いタイプのカード。

  • 《追英の文章 #オイツキ#》
変な話、オイツキシュレデイカの3点要求が無いとダメージレースかなりきつい。
カンニングで実質アーツが5枚増えたとはいえ耐性持ちがいたり大きくアドバンテージを取れたりできるわけではないのでチャンスを数回作った程度じゃどうしようもないです。
幸い、レベル4ママの自動効果でパーツを集めやすいためこれらを集めて点数要求しましょう。

  • 《彩英の秘宝 #ノーベル#》
横殴る系のカードが先行して登場したわけですが、自分はそれらだけで最初デッキを組んでいました。
それくらいポテンシャルの高いカードだと思っています。
そんなに勝率よくなかったですけど…

  • 《木英の文章 #ウエキ#》
  • 《足英の文章 #ツルカメ#》
新規ルリグにしては珍しく立ち上がり補助のカードが配られました。
後述する創造と合わせることでディスアドバンテージを減らしながら盾を増やせるため後半でも仕事があります。
ツアー直前まで手札で余りがちなツルカメは入っていなかったのですがシュレデノーベルのほうが余っていたので立ち上がりを重視して2枚投入。

  • 《思索の体現 *シンカー*》
  • 《懐古の音色 リコダス》
緑の定番セット。
地力の足りないデッキはパワーカードに頼るしかないのです。
全知全能の時に話した盤面あけもできるからとても使い勝手がいい反面、シンカーが1枚だと足りなく感じることもしばしば。

  • 《幻水姫 ダイホウイカ》
何色でも定番のカード。
地力の足りないデッキはパワーカードに頼るしかないのです。
前述したオイツキシュレデイカの3点要求もですがシュレデが空いた盤面を埋めてくれるため気兼ねなく盤面におけます。
なんか似たような理由でハタハタを採用している方がいるとか風のうわさで聞きました。
役割としてはノーベルと似ていますがこちらは手札補強ができる為、こちらの方が優先度高いです。
英知はママの自動効果でエナから回収できますが、イカはそうもいかない為フル投入。
申し訳ないけど、やっぱり高いカードには高い理由があるためそれを理由に毛嫌いするってのはお門違いだと自分は思います。

  • 《創造》
WIXOSS下手くそで貧乏性なためユニークスペルはさんで盤面整理したいです。
たまにライフ増やしておっいいぞ^~ってなります。
基本的にディスアドバンテージなんで変える筆頭です。
だれてきたんで不採用理由は年内中に追記したいなぁ
関連記事
スポンサーサイト
Category: WIXOSS Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

この記事へコメントする:


    

この記事のトラックバックURL:

http://xoxoxo234.blog119.fc2.com/tb.php/1431-7b392833

この記事に対するトラックバック:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。