FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタンダード環境 オラクルシンクタンクの考え方

ヴァンガードのスタン落ちから一週間ほどが経ち、どのデッキも構築が固まってきたように思えますので今回は私がメインに使っているオラクルシンクタンクのデッキについて考察していこうと思います。
とはいうものの、まだ1弾環境ですのでプールが少なく語るというほど構築に幅があるわけでもないので幅の出る部分について考察していきます。


 

  • グレード3について
グレード3については特に語るようなこともないと思います。
特にプロテクトはその特性上、ライドをするとプロテクトを獲得するためライドがアド損にならないどころか完全ガードを加えられますので基本的には入れ得、ライドし得と思ってもらって構わないです。
特にインペリアル・ドーターなんかはライド前提の効果ですのでどんどんライドしていってください。
ドーター4アマテラス3~4ディアー0~3くらいが主流だと思われます。
  • グレード2について
グレード2について語るべきことと言ったらサイレント・トムの存在でしょう。
おそらく、スタンダード1弾環境の構築論で最も話題になっている話の一つだと思います。
個人的に、トムを採用する方は加点方式でカードを見ている人、採用しない人は減点方式でカードを見ている人が多いと思っています。
どちらがいいとは言いませんが私は後者の人間でした。
どちらかというと加点方式の方々が何故採用しないのかという疑問を多く持っている印象があるため採用しない理由を書いていきます。

まず第一におそらくトムを採用するにあたって最も多い理由はトリガーでしかガードできないからという点だと思います。
さらにその効果にシナジーするようにCB1でパワー+6000の効果がついています。
つまり、8000ブーストを付けるだけで23000ラインを形成できるためトリガーを捲らずともフォースにすら15000ガードを要求できます。
さらに、トリガーを乗せればディアーの効果を乗せれば絶対的なフィニッシューになるといったところで採用をしているものだと考えられます。

しかし、そもそも15000ガードって☆トリガーのガード値ですよね。
つまり、手札1枚でガードできる数字なんですよね。
逆にトリガー乗っけて25000ガード要求ってそれってトリガーか完ガ以外を切ってたら結構致命的な量の枚数をガードに使わないといけなくてそうなったらよっぽどの理由がない限りトムでなくともダメージを通します。
つまり、普段通りの動きを強制しているだけでそこに大きな強制力は働いていません。
完ガにトリガーユニットがいなかったらまた評価が変わったのにね。

また、パンプに関しましてもCB1で1アドもしくは1アクションを行える環境においてあわよくば1枚多めに相手の手札を削れるといった効果ではパンチ不足です。

そのため、トリガーのガード値インフレの起きた今のトムの賢い使い方は5000ガードのトリガーがほぼ採用されていませんので単騎でRを殴ってアタッカーを削るor実質、15000ガードを要求するといった使い方が理想的です。
しかし、そこに関しても単騎でパワー9000ですのでなかなか狙ったタイミングでできるものではありませんので今回、私は採用を見送りました。

では代わりに何を採用するかというとノーコストで単騎パワー15000になってくれるユニットが理想的なのですがパワーラインを満たしてくれるのがお天気お姉さん さふとのみでそれに関してもSB1を要求してきます。
SB1でパワー+6000というのはインペリアルドーターで満たせますのでそれならば別のユニットにしたほうがいいです。
ソリッド・タートルと宵月夜の陰陽師に関しましてもSB1で手札入れ替えなのでちょっとしょっぱいです。
そうなると消去法でイエローウィッチ メメが浮き上がってきます。
消極的な理由ではありますが、デッキトップ確認はトリガー率を高めなおかつアマテラスのパンプも行えますのでデッキのノイズにはなりにくく無駄は少ないです。
  • グレード1について
グレード1は人によって確定枠や採用されているカードが大きく異なりますので賛否はあるかと思いますがあくまでも私の考え方ということで俯瞰して読んでください。
先に行っておくと6月3日現在の私のG1枠はサークル・メイガス4ファルファッレ・メイガス4ラックバード3です。

まず、確定枠としてサークル・メイガス。
資金不足等、ゲーム外の要因以外ではおそらく満場一致で4採用されているかと思います。
個人的な確定枠はサークル・メイガスのみです。

ファルファッレ・メイガスの採用に関しては角が立たないと思います。
理由はイエローウィッチ メメと同じで尚且つパワーが及第点に達しているため深く語らずともって感じですね。

ラックバードは3枚以上採用しているとアンチが湧きます(体験談)
個人的には4にしてもいい枠だと思っていますが他の枠を潰してまで採用するほどではないかなって意見と他の枠を潰してでも4採用してもいいって意見がせめぎ合ってる最中です。

逆に2に減らすくらいなら全抜きします。
理由は感覚的なものなのでいくら語っても水掛け論で攻め返してくる人種が世の中にはかなーり多いので深くは語りませんがインペリアルドーターを信じろとだけ言っておきます。
2枚目3枚目を引いた場合どうするのかって理由も多く見られますがそれも解決出来ます。
ってか3枚入れたカードを3枚引いて盤面に並べないといけない前提で物事を考えるんじゃねぇよ。

低いパワーに関しても前衛の配置やアタック先でどうにでもなります。
後攻でライドした場合は10000でタコ殴りされると言われるかも知れませんが多分その考え方は新トリガーに順応しきれてないだけです。
そうなると次のパワーラインはおそらく18000ラインか23000ラインになってきますので8000にライドした時と変わりません。
後行ライドで唯一厳しいのはプロミスドーターの15000ラインなのですがそこは腹くくるしかないです。

アンチが怖いためこれ以上は何も言いません。
思ったことが言えない世の中って怖い!


ラックバードの代替案の最有力候補はオラクルガーディアン・ジェミニ‎だと思います。
オラクルシンクタンクはCBをかなり使うデッキですしCB1を使う事で1ドロー+αのアドバンテージを稼げるため悪くない選択肢だと思います。ソウルに入ってもインペリアルドーターならほぼ確実に1ライン上げることが出来ますしそれ以外にもそれこそラックバードに使えばアドバンテージに繋がりますし無駄がないです。ただ、オラクルにおけるG1はパワー8000ってだけで9割くらい役割を果たしてくれていますので逆にソウルに逃げられてしまうのはあまりおいしくなくて手札でG1が余ってくれればいいのですがそれに関してもG1は10000ガードになってくれますので積極的に手札から削っていけるカードではありません。
それらを加味した結果、私のデッキからは抜けてしまいました。
とはいえ、ロングゲーム前提のデッキでほぼ毎ターンCB1を使うデッキなので絶対に必要ない!とかそういうカードではないです。

他のカードは採用するにはパンチが弱いためやや消極的な意見です。
時運の女神 ミズノハメはV裏でしか効果が使えないのが評価低めです。
基本的にオラクルはVのアタックでどうこうするデッキではないので最低ラインの13000さえクリアしてしまえばVは15000ガード削りマシーンになってくれるのでそれでいいです。
そりゃパワーラインが上がるに越したことはないし先程言ったようにG1はパワー8000を満たしてくれれば9割方役割を果たしてくれるので採用したらダメってわけではないしそれどころか求めているものの9割満たしているので全然採用圏内ですけどあくまでも採用するにあたってパンチが弱いって話です。

ペタル・フェアリーもパワーラインを上げれますがこちらもオラクルはパワーラインでどうこうするデッキではないため強くこのカードを採用した方がいいとは言えません。

トリガーに関してはなんか1回だけ引5枚構築を見たことがありますがよっぽど☆8構築だと思うので深くは語りません。

たぶん、話したい事ほとんど話したんでこの辺で終わります。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。