FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大会レポート

10/5 ヴァンガード ショップファイト
ダブルイルミネーション形式

使用デッキ 煉獄軸【かげろう】

1回戦 解放者軸【ゴールドパラディン】
初手、グレード0が5枚。
手札全チェンするも手札グレード2オンリー
非常に申し訳ないことしてしまった。

2回戦 銃士軸【ネオネクタール】
銃士は一時期めちゃくちゃ研究してたから弱いところもわかる。
特に今回当たった方は銃士使ってると陥りやすい勘違いしてるタイプだったから。
銃士ってのは無駄にまわしたところでコスト無駄に使って結果山札2枚圧縮しただけでーすみたいなことになるときがあるんであんまり回しまくるのってよくないんですよね。
銃士はリソース増えないんでRを丁寧に焼いていけば勝手に死んでいきます。
最後はヌーベルで蓋をしておしまい。

3回戦 【スパイクブラザーズ】
いつかはこうなるだろうなーと思ってたけど一番苦手なデッキ。
なんでターン回ってくるとRいなくなってるんですかねぇ。
とか思ってたら、こっちグレード1,2,3が1枚ずつ以外グレード0しか引かなくて攻め損ねてたらむこうの手札めっちゃいっぱいになってオーグル→バッドエンド→オーグルやられて死んだ。

【結果】
1-2

養分やってました。
PRパックはぬばたま☆トリガー
需要なくはないし店員に高く売れるか聞いたら「安いっすよ笑。ぶっちゃけぬばたま使いにちらつかせたほうが有効だと思います」って言われたから手元に持っておく。

10/5 カードファイト!!ヴァンガード ミニヴァンガード甲子園
チーム戦

自分は2人組だったため店に人を集めてもらおうと思ったら2人組が3組あったためせっかくならと全シャッフルして全く知らない二人と参加させてもらいました

使用デッキ 煉獄軸【かげろう】(大将)
先鋒 撃退者軸【シャドウパラディン】
中堅 解放者軸【ゴールドパラディン】

1回戦 ライザー軸【ノヴァグラップラー】
白いデッキはリソース増えないからRの焼却作業
V裏邪魔くさいなーと思って対象に取ろうと思ったらタンクライザー
採用されてるレシピはみたことあったけど使い方やっとわかった。
試合自体は結構長引いたけどむこうはフェニックスライザーだったし猫引かなかったからヌーベルで蓋をして勝ち。
チーム2-1

2回戦 探索者軸【ロイヤルパラディン】
こちら、グレード3がなくて2ターンほど停滞する。
オバログレートの特性として捲る回数多いんで治トリガー捲る可能性も高くなるんですよね。
そのため、執拗にR殴って相手にダメージ貯めさせないように立ち回る。
結果、ハンド差もダメージ差も上回る。
相手がこのターンで決めきらないとって時にシング4枚目素引きしてスキル発動できず。
ライド事故で足引っ張らなくてよかった。
チーム3-0

3回戦 銃士軸【ネオネクタール】
決勝だったんですけど自分たちが組んだチームの片割れチームでした。
なんという身内戦。
初手でグレード1オンリー
よくよく考えたら今回の2大会で手札事故しまくってる。
ゴジョー捻りまくったけどグレード3になるころには手遅れ。
最終ターンに3フラットしなきゃワンチャンスあったけどしゃーない。
チーム2-1

チームにすくわれましたね。
完璧戦犯でしたわ。

PRパックはグランのよくわからんやつ。
大会後に2チームでしゃべってたんですけど「オクタウィウス出したら(売却値的に)争いが起こりかねない」とか言ってたら二人が出しておいおいおいwなんて件の後に「ぬばたまの☆トリガーいる人いますー?」とか冗談交じりに聞いてみたらオクタウィウス当てた対戦相手の銃士の人がほしがってたからあげますよーっていったらオクタウィウスくれた。
店員やるじゃん。

そんな感じで解散して身内とフリーをしてたらチームの撃退の人が「これ使ってください」ってオクタウィウスくれた。
探索組んでないんだけどこれは組まないと申し訳ないよなぁ…

続きを読む

エクシヴ型【ロイヤルパラディン】



エクシヴ型【ロイヤルパラディン】
ブラスター・ブレード・探索者光源の探索者_アルフレッド・エクシヴ
20140502022812!ブラスター・ブレード・探索者探索者_セイクリッド・ういんがる

■グレード 3
4 x 光源の探索者 アルフレッド・エクシヴ
3 x 探索者 セイクリッド・ういんがる
■グレード 2
3 x 弩弓の探索者 ギルダス
3 x ブラスター・ブレード・探索者
2 x 爛漫の探索者 セルディック
1 x ブラスター・ブレード
■グレード 1
4 x 聖棍の探索者 オクタウィウス
4 x 護法の探索者 シロン
4 x 湖の巫女 リアン
1 x ぐりんがる・探索者
■グレード 0
4 x ばーくがる
1 x 始まりの伝説 アンブロシウス
4 x 探索者 ラヴィングヒーラー
4 x 未来の騎士 リュー
3 x 探索者 ハロウドブレス・ドラゴン
3 x 必殺の探索者 モドロン
2 x ふろうがる


甘えじゃないです。
探索者 シングセイバー・ドラゴンはVスタンドで殺しにかかるのに対してこちらは☆とアドバンテージの暴力。
大人しく探索者 シングセイバー・ドラゴン組んでるほうが賢いかもしれないですけど環境的には割とイーブンだと思ってたりもします。

続きを読む

煉獄軸【かげろう】考察

煉獄軸とか言いましたけど完璧に煉獄皇竜 ドラゴニック・オーバーロード・ザ・グレート軸ですね。
煉獄皇竜 ドラゴニック・オーバーロード・ザ・グレート軸【かげろう】ってやるとタイトル長すぎなんで。

続きを読む

大会レポート

ネオンメサイア環境初の大会。
初のとかいうけど各環境集会しか大会出てないしそもそも煉獄焔舞環境時には1回も出てなかった気がする。

使用デッキ 煉獄軸【かげろう】

1回戦
銃士軸【ネオネクタール】
ひたすらトリガーゲー
自分はほとんど毎回めくってたけど向こうはほとんど捲れず。
勝ち。

牡丹の銃士 マルティナを採用いしていたが【かげろう】が今後増えてくるのを見越すと非常にいい選択だなと思った。

2回戦
リヴィエール軸【バミューダ△】
FVがバミューダ△候補生 リヴィエールマーメイドアイドル エリーにライドしたにも拘らず先駆の能力を未使用。
疑問に思っていたら次のターンにマーメイドアイドル リヴィエールにライド。
それなら普通に1ターン目でライドスキップしたほうがいいのではとか思ってたけど専門家的にはそっちが正しいのかもしれないので不要な口出しはしません。
期待の新星 トロワにライドできずトップアイドル リヴィエールで戦ってた。
さすがに1期のカードには当たり負けない。
勝ち。

3回戦
煉獄軸【かげろう】
中盤、双闘後あちらは2ラインで攻めてきたのに対してこちらはVラインのみで煉獄皇竜 ドラゴニック・オーバーロード・ザ・グレートのケア
互いに治トリガー合戦で長期戦に。
終盤、相手がシークメイトで治トリガーを4枚戻したためデッキカットの際に大まかな枚数確認。
これはいけると思い超越龍 ドラゴニック・ヌーベルバーグにライドして相手方LO
勝ち。

4回戦
オオヒルメ軸【オラクルシンクタンク】
序盤、トリガーでダメージレースを有利に進めるがスカーレットウィッチ ココリトルウィッチ ルルを決められハンド差をつけられさらにダブルトリガーでダメージ追いつかれる。
ウェザーフォーキャスター ミス・ミストがチラついていたため超越龍 ドラゴニック・ヌーベルバーグにライド。
有利に進め次のターンで詰めというところで相手方の怒涛のダブル☆
負け。

全体成績としては準優勝です。
最後は勝てた試合だったので非常に悔しかったですね。
まぁ、それも込みでのヴァンガードなのですが。
最後に、今回の使用レシピ

煉獄軸【かげろう】
■グレード 4
4 x 超越龍 ドラゴニック・ヌーベルバーグ
■グレード 3
4 x 煉獄皇竜 ドラゴニック・オーバーロード・ザ・グレート
1 x ドーントレスドライブ・ドラゴン
■グレード 2
4 x 煉獄竜 ドラゴニック・ネオフレイム
4 x 煉獄竜 メナスレーザー・ドラゴン
3 x ドラゴニック・バーンアウト
■グレード 1
4 x ヌーベルロマン・ドラゴン
4 x 封竜 リノクロス
3 x ドラゴンモンク ゴジョー
2 x カラミティタワー・ワイバーン
■グレード 0
1 x レッドパルス・ドラコキッド
4 x 封竜 シャーティング
4 x 封竜 ピエラ
4 x ガトリングクロー・ドラゴン
3 x 煉獄竜 バスターレイン・ドラゴン
1 x 封竜 アートピケ


煉獄軸【かげろう】



煉獄軸【かげろう】

275px-煉獄竜_ドラゴニック・ネオフレイム274px-煉獄皇竜_ドラゴニック・オーバーロード・ザ・グレート

■グレード 4
4 x 超越龍 ドラゴニック・ヌーベルバーグ
■グレード 3
4 x 煉獄皇竜 ドラゴニック・オーバーロード・ザ・グレート
1 x ドーントレスドライブ・ドラゴン
■グレード 2
4 x 煉獄竜 ドラゴニック・ネオフレイム
4 x 煉獄竜 メナスレーザー・ドラゴン
3 x ドラゴニック・バーンアウト
■グレード 1
4 x ヌーベルロマン・ドラゴン
4 x 封竜 リノクロス
3 x ドラゴンモンク ゴジョー
2 x カラミティタワー・ワイバーン
■グレード 0
1 x レッドパルス・ドラコキッド
4 x 封竜 シャーティング
4 x 封竜 ピエラ
4 x ガトリングクロー・ドラゴン
3 x 煉獄竜 バスターレイン・ドラゴン
1 x 封竜 アートピケ



やっとかげろうらしいかげろうになりましたね。
ぶっちゃけ、煉獄竜 ボーテックス・ドラゴニュートはなんか違った。

とりあえず、初期案として超越龍 ドラゴニック・ヌーベルバーグを採用した型で。
超越龍 ドラゴニック・ヌーベルバーグを軸にしたときの強みは対LBユニットに対して後出しで有利を取れる点とタイミングを見計らって好みのG3を引っ張ってくれることですね。
副次的に対双闘においてもバニホ互換の採用が減っているためRで18000を組みにくくなる、探索者 シングセイバー・ドラゴンなどのVアタック時の自動効果持ちの単体アタック(22000ライン)に防御力が光るといったのも強みの一つですね。

大人しくドーントレスドライブ・ドラゴン煉獄竜 ボーテックス・ドラゴニュートあたりを採用してもいいとは思うんですけど煉獄皇竜 ドラゴニック・オーバーロード・ザ・グレートが単純に頭一個抜けて強いってのと3つ目の自動能力も積極的に狙っていきたいってのが大きいです。
また、まだ、実際に対戦していないのでわからないのですが今後のトップメタの一角になるであろう星輝兵 ブラスター・ジョーカーに対して超越龍 ドラゴニック・ヌーベルバーグがどれほど有効な札になるかを検討したいためこの構築を第一作にしました。

あとはトリガー比を練りたい。
かつてのオバロドーンヌーベルを引きずって引トリガーが5枚ですが大人しく☆トリガーにしたほうが丸い気もします。
ガトリングクロー・ドラゴンは今後のトップメタになるであろう探索者 シングセイバー・ドラゴンに対してはFVが2つ目の自動効果のコストのソウルになる可能性が大きいため、【リンクジョーカー】に対しては非常に強力な星輝兵 ブレイブファング、【ライザー】などに代表されるG3が少ないデッキにおけるシズク互換を退却させることができるためフル投入なんじゃないかなーと個人的には思っています。
ソウルに入った後もコストとして使えるしね。


意見や質問は下の拍手を押すとコメント送信画面へ移りますのでそちらからお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。