FC2ブログ

《MAGIC HAND》について

《MAGIC HAND》
色 青 カードタイプ スペル
コスト 白(0) 限定条件 ミルルン限定
あなたのシグニ1体をバニッシュする。そうした場合、あなたのデッキから《MAGIC HAND》以外のスペル1枚を探して公開し手札に加える。その後、デッキをシャッフルする。

7月から配布されるプロモーションカードのうちの一枚ですね。
ミルルン待望のユニークスペルです。

要するに、ユニークスペル版の《SEARCHER》。
《SEARCHER》との違いを挙げると
  • エナが不要
  • 代わりにシグニを1体バニッシュ
  • LBがない
といったところですね。
上の二つは手札の増えやすいミルルンにとってはとても有意義で余っていた手札をエナに還元できます。
しかし、LBがないのがとても大きいです。
LBあっての《SEARCHER》という側面が多いので。
しかし、捉え方を変えるとミルルンには強力なLB持ちが多いのでそれらを圧迫しないといった点では優れます。
一時期、《成長する未来》《噴流する知識》をサーチするために《SEARCHER》を採用していた時期があるのでそこを考えると朗報ですね。

次に【ミルルン】においてのメリットデメリット。
メリット
  • コスト0のスペル。
  • 《ネクスト・レディ》など複数投入しづらいカードのサーチ。
  • スペルである。
デメリット
  • その特性故に別のスペルを投入しないといけない。
まだ、効果出て1時間程度なんであんまり出てきませんでしたね。
メリットから。
コスト0のスペルってことはお馴染み《羅原 Ar》から回収できるってこと。
スペルであるってのはそのままの意味。
ミルルンにおいてスペルってのはいろいろ悪いことの火種になるので。
複数投入しづらいカードのサーチってのは若干の嫌味も含まれてるんですけど、こういうサーチ系のカードを使い場合常に考えないといけないことなんですがサーチカードを入れるくらいならそもそもほしいカードの枚数を増やせってことなんですよね。
つまり、《MAGIC HAND》を入れる場合《MAGIC HAND》以外に2種類以上スペルを入れるか1種類だけど4枚入れるかしないと入れる意味が薄いです。
もちろん、エナ増やしたり《羅原 Ar》から回収できるから一概に無意味とは言わないけれども。
デメリットも内包した説明になっちゃった。

最後に実用的な例として《RAINY》と絡めた際のアドバンテージの推移。
  1. 《MAGIC HAND》発動、《RAINY》サーチ(盤面-1、エナ+1)
  2. 《RAINY》発動(相手の手札-1、手札+1、エナ-1)
ということで結果的に相手の手札をハンデスしつつ盤面を手札に還元してエナは±0ということになります。
ミルルンはレベル1,2とレベル3,4で盤面が急激に変わるため盤面に出ているカードを無理やりどかすという場面も少なくないためなかなか有用な使い道だと思います。



レベル4まで上がるデッキではスペルってのは多くても7枚くらいで何なら1枚も入れたくない中でミルルンというのは構築のハンデを背負わざるを得ないデッキです。
しかし、それ故に後半の爆発力が非常に高く現在、トップデッキの一角に食いつけるレベルにまで昇格しているのでこの強化でどれほどのものになるか非常に興味深いです。

【金木犀の巫女 タマヨリヒメ】



デッキ名: 金木犀タマ
作成者: まと
(デッキ作成サイトで見る)
ルリグデッキ
【ルリグ】
1×《タマヨリヒメ之零》
1×《焔 タマヨリヒメ之壱》
1×《轟轟 タマヨリヒメ之弐》
1×《十六夜の巫女 タマヨリヒメ》
1×《金木犀の巫女 タマヨリヒメ》
【アーツ】
1×《炎固一徹》
1×《大器晩成【ビッグバン】》
2×《モダン・バウンダリー》
1×《ラスト・セレクト》
メインデッキ
【シグニ】
4×《盾砲 シールドミサイル》
3×《轟砲 マスケッタ》
2×《忘得ぬ幻想 ヴァルキリー》
4×《サーバント O2》
2×《サーバント T2》
2×《幻獣 ラクダ》
【スペル】
3×《ゲット・インデックス》
メイン(ライフバースト)
【シグニ】
4×《爆砲 ガンソード》
3×《弩砲 ファイヤレイジ》
4×《出弓 ボウ》
1×《サーバント O》
2×《先駆の大天使 アークゲイン》
3×《幻獣 キジ》
3×《羅稙 サクラ》


タマの専用赤が出たら絶対数増えると思ったけどそんなことなかった。
やってることは従来の金木犀タマと大差ないです。
赤重視で除去が増えたかなーみたいな。
緑の数が減ったから大器晩成まで繋げられるかってのとレベルのバランスがいいのでボウやモダンの成功率が気になるところ。
あとはゲットインデックスとかの使い心地。
要調整。

【タウィル】



デッキ名: タウィル
作成者: まと
(デッキ作成サイトで見る)
ルリグデッキ
【ルリグ】
1×《永らえし者 タウィル=ノル》
1×《永らえし者 タウィル=エット》
1×《永らえし者 タウィル=トヴォ》
1×《永らえし者 タウィル=トレ》
1×《永らえし者 タウィル=フィーラ》
【アーツ】
1×《ゼノ・マルチプル》
1×《スピリット・サルベージ》
1×《ピンチ・ディフェンス》
2×《シャボン・サモン》
メインデッキ
【シグニ】
4×《探求の思想 ハニエル》
1×《博愛の集束 サニエル》
1×《史実の改善 サリエ》
2×《やり直しの対話 ミカエル》
1×《聖技の護り手 ラビエル》
2×《犠牲の微笑 キュアエル》
4×《聖墓の神妹 ナキールン》
2×《サーバント O2》
【スペル】
2×《ゲット・アルマンダル》
1×《ネクスト・レディ》
メイン(ライフバースト)
【シグニ】
1×《純朴の光輝 アグライア》
2×《未来の福音 アークホールド》
1×《先駆の大天使 アークゲイン》
4×《聖墓の神姉 ムンカルン》
4×《サーバント O》
3×《サーバント T》
【スペル】
4×《シャボン・サドゥン》
1×《SEARCHER》


誰が組んでもこんな感じになると思うんで他との違いをかいつまんで説明。

SEARCHERはバーストで引けるとゼノマルまでドヤ顔でつなげることができます。
あとはネクストレディとかアルマンダルとか状況に応じて取捨選択できて強そう。

アークホールドはバースト強そう。
割とそれくらいの気持ちでしか入れてないです。
ムンカルンが打点負けしないですこなみ。

サドゥンはバースト強いし2面以上あけてオフェンシブな動きが取れるので個人的に5エナで使うのもやぶさかではない程度には思っています。
防御するエナくらいはとっておけよ。

アルマンダルはウィックラよりアドとれてサーバント持ってこれる代わりにアフロディテ使えないのとバーストがないです。
ピルルクとか意識してこっちにしたとかそんな感じだった気がする。

赤タマ組みたいんで足りてない説明とかコメントで聞いてください。

【ウムル】


デッキ名: ウムル
作成者: まと
(デッキ作成サイトで見る)
ルリグデッキ
【ルリグ】
1×《創造の鍵主 ウムル=ノル》
1×《混沌の鍵主 ウムル=エット》
1×《混沌の鍵主 ウムル=トヴォ》
1×《創造の鍵主 ウムル=トレ》
1×《混沌の鍵主 ウムル=フィーラ》
【アーツ】
1×《サウザンド・パニッシュ》
2×《アンシエント・サプライズ》
1×《アンシエント・リターン》
1×《ハロー・エフェクト》
メインデッキ
【シグニ】
1×《コードアンチ クリスカル》
1×《コードアンチ メガトロン》
4×《コードアンチ アステカ》
1×《コードアンチ キティラ》
3×《コードアンチ アシレン》
2×《コードアンチ パルベック》
3×《コードアンチ マズフェイス》
4×《サーバント O2》
【スペル】
1×《リバイブ・フレア》
メイン(ライフバースト)
【シグニ】
4×《コードアンチ テキサハンマ》
4×《コードアンチ ヴォイニ》
2×《コードアンチ コスタリク》
3×《コードアンチ アラハバキ》
4×《コードアンチ ネッシー》
3×《サーバント T》


友人からの頼みをブログのネタにするクズ。
ワンキルは嫌だって言われたんでロステク入れてません。俺も普通に組んだら入れない。
こっからは勝手に反省コーナーなんですけどちょっとレベルバランスが崩れてるのが気になる。
通常のデッキなら自惚れるくらい綺麗な構築だと思うんですけどアシレンいるからもうちょっとレベル2、3帯を増やしてもいいようなこのままでいいようなって感じ。
あと、ハローエフェクト入ってるからやっぱりロステク2枚くらい積んでスペルサルベージ入れたりして早めにアーツ表にしていってもいいかもしれない。
その辺はウムルのプロにでも聞いてください。

不平不満罵詈雑言はコメントにお願いします。

博愛の使者【サシェ】



デッキ名: 博愛サシェ
作成者: まと
(デッキ作成サイトで見る)
ルリグデッキ
【ルリグ】
1×《悠久の使者 サシェ・ヌーベル》
1×《悠久の使者 サシェ・クロワス》
1×《悠久の使者 サシェ・カルティエ》
1×《博愛の使者 サシェ・モティエ》
1×《博愛の使者 サシェ・プレンヌ》
【アーツ】
1×《ゼノ・マルチプル》
1×《ピンチ・ディフェンス》
1×《レゾナンス・マーチ》
【レゾナ】
1×《白羅星 サタン》
1×《白羅星 ジュピタ》
メインデッキ
【シグニ】
4×《羅星 ポラリス》
4×《羅星 デネブ》
4×《羅星 ミモザ》
1×《羅星 アルファード》
4×《サーバント O2》
【スペル】
2×《ゲット・アルマンダル》
1×《ネクスト・レディ》
メイン(ライフバースト)
【シグニ】
3×《羅星 スピカ》
4×《羅星 アルタイル》
4×《羅星 ベガ》
4×《羅星姫 ミルキィウェイ》
3×《サーバント O》
【スペル】
1×《メテオ・アドバンテージ》
1×《SEARCHER》


《博愛の使者 サシェ・プレンヌ》を軸にしたデッキ。
安定感のある《悠久の使者 サシェ・プレンヌ》と違い、爆発力と勢いで攻めていくデッキ。
《悠久の使者 サシェ・プレンヌ》が《白羅星 サタン》で点を取っていくのに対して《博愛の使者 サシェ・プレンヌ》は《白羅星 ジュピタ》でアドバンテージを意識して戦っていく。

基本的な動きは《白羅星 ジュピタ》レゾナ→《博愛の使者 サシェ・プレンヌ》の1つ目の起動効果といった流れなのだがその際にレゾナのコスト(盤面ー2)、《白羅星 ジュピタ》(盤面+1)、《白羅星 ジュピタ》の1つ目の効果(エナ+2)、《博愛の使者 サシェ・プレンヌ》の1つ目の起動効果(エナ-1)といったアドバンテージの推移が行われる。
結果的に盤面-1、エナ+1で相手シグニをバウンスしているためバウンスとトラッシュや除去対象の差異はあるものの悠久サシェ、サタンのコンボより1枚盤面の損失が少ない上での除去を可能にしています。
このアドバンテージの差をどれだけ生かせるかで博愛サシェの真価が決まると言っても過言ではありません。

要は同名カードをきちんと揃えてくださいってことです。
質問や採用理由はコメントにどうぞ。