FC2ブログ

【不動遊星デッキ】



【不動遊星デッキ】

モンスター(22枚)
2《レベル・スティーラー》
3《ボルト・ヘッジホッグ》
3《ドッペル・ウォリアー》
1《デブリ・ドラゴン》
2《チューニング・サポーター》
2《シンクロン・エクスプローラー》
3《ジャンク・シンクロン》
3《クイック・シンクロン》
2《エフェクト・ヴェーラー》
1《アンノウン・シンクロン》

魔法(11枚)
3《調律》
1《大嵐》
1《増援》
1《死者蘇生》
1《ワン・フォー・ワン》
1《スケープ・ゴート》
2《サイクロン》
1《おろかな埋葬》

罠(7枚)
2《奈落の落とし穴》
1《聖なるバリア-ミラーフォース-》
1《神の宣告》
1《激流葬》
2《リビングデッドの呼び声》

エクストラデッキ
1《A・O・J カタストル》
1《TG ハイパー・ライブラリアン》
1《アームズ・エイド》
1《ジャンク・ウォリアー》
1《ジャンク・デストロイヤー》
1《ジャンク・バーサーカー》
1《シューティング・クェーサー・ドラゴン》
1《シューティング・スター・ドラゴン》
1《スクラップ・デスデーモン》
1《スクラップ・ドラゴン》
1《スターダスト・ドラゴン》
1《フォーミュラ・シンクロン》
1《ブラック・ローズ・ドラゴン》
1《氷結界の龍 トリシューラ》
1《氷結界の龍 ブリューナク》


その名のとおり遊戯王5D'sの主人公、不動遊星の使っていたカードをベースにシンクロをしやすいように構築されたデッキです。
普段はこういったキャラデッキってものを作らないので長考してしまいました、申し訳ない。
自分の中で《ダンディライオン》《グローアップ・バルブ》を使わないと縛っていたのでなかなか考えがまとまらず…

正直な話、エンジンが欠如しています。
もっとまわすためには罠カードを抜いてライトロードを入れたいですね。
光と闇が入っているので《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》《カオス・ソーサラー》も入れたい…
こんな感じで入れたーカードが次から次に出てくるけどキャラを忘れないってのを頭に置かないといけないのでキャラデッキって苦手なんですよねw

本当に、このデッキを特化させていくと結果的に【ジャンクドッペル】になっちゃいますよねー
しょうがない…しょうがないんだよ…
だから、某王国の雷さんを許してやってくれよ…

少しキャラデッキとはそれてしまいますけど《機械複製術》を入れて《チューニング・サポーター》に特化したり、
《戦士の生還》や☆2以下を増やして《ジャンク・シンクロン》に特化させるなどいろいろと派生ができます。

《スターダスト・ドラゴン》が出しにくいのは内緒。


デッキ依頼・デッキ診断はコチラ

初心者のためのストラクチャ3つでできる最強デッキ~ドラゴニック・レギオン編~

最強じゃないです。
参考になれば幸いです。

早速ですがまずは収録カード


SD22-JP001 《ライトパルサー・ドラゴン》 Ultra 1
SD22-JP002 《ダークフレア・ドラゴン》 Ultra 1
SD22-JP003 《エクリプス・ワイバーン》 Super 1
SD22-JP004 《青眼の白龍》 1
SD22-JP005 《真紅眼の黒竜》 1
SD22-JP006 《伝説の白石》 1
SD22-JP007 《黒竜の雛》 1
SD22-JP008 《アックス・ドラゴニュート》 1
SD22-JP009 《バイス・ドラゴン》 1
SD22-JP010 《ライトロード・ドラゴン グラゴニス》 1
SD22-JP011 《マテリアルドラゴン》 1
SD22-JP012 《ダーク・アームド・ドラゴン》 1
SD22-JP013 《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》 1
SD22-JP014 《カオス・ソーサラー》 2
SD22-JP015 《サイバー・ドラゴン》 1
SD22-JP016 《ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの支配者-》 1
SD22-JP017 《召喚僧サモンプリースト》 1
SD22-JP018 《スナイプストーカー》 1
SD22-JP019 《ライトロード・パラディン ジェイン》 1
SD22-JP020 《ライトロード・マジシャン ライラ》 1
SD22-JP021 《正義の味方 カイバーマン》 1
SD22-JP022 《ライトロード・ハンター ライコウ》 1
SD22-JP023 《混沌空間》 1
SD22-JP024 《滅びの爆裂疾風弾》 1
SD22-JP025 《黒炎弾》 1
SD22-JP026 《ドラゴンを呼ぶ笛》 1
SD22-JP027 《巨竜の羽ばたき》 1
SD22-JP028 《月の書》 1
SD22-JP029 《魔法石の採掘》 1
SD22-JP030 《名推理》 1
SD22-JP031 《モンスターゲート》 1
SD22-JP032 《D・D・R》 1
SD22-JP033 《光の援軍》 1
SD22-JP034 《救援光》 1
SD22-JP035 《竜の転生》 1
SD22-JP036 《バーストブレス》 1
SD22-JP037 《リビングデッドの呼び声》 1
SD22-JP038 《亜空間物質転送装置》 1
SD22-JP039 《闇次元の解放》 1


再録が今までになく豪華。
《ライトロード・ハンター ライコウ》《ライトロード・マジシャン ライラ》
《光の援軍》は墓地を使うデッキならこれだけでエンジンになりますし、
《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》は【ドラゴン族】において最重要カードにして最も手に入りにくいカードでしたからね。
《マテリアルドラゴン》もあるのでこれを買うだけでも十分【ドラゴン族】が組めると思います。
《召喚僧サモンプリースト》は最近、エクシズのために出張することが多いですし。

他にも《スナイプストーカー》《月の書》《ダーク・アームド・ドラゴン》なんかは汎用性が高いですし、
《伝説の白石》《正義の味方 カイバーマン》もファンデッカーには嬉しいですね。

新録カードは発売前に少々エラッタされましたがそれでも十分実践向けな効果だと思います。


モンスター(25枚)
1《召喚僧サモンプリースト》
3《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》
2《ライトロード・マジシャン ライラ》
3《ライトロード・ハンター ライコウ》
3《ライトパルサー・ドラゴン》
2《ダークフレア・ドラゴン》
2《マテリアルドラゴン》
1《ダーク・アームド・ドラゴン》
2《カオス・ソーサラー》
3《エクリプス・ワイバーン》
3《アックス・ドラゴニュート》

魔法(9枚)
1《名推理》
1《光の援軍》
1《月の書》
2《巨竜の羽ばたき》
1《モンスターゲート》
3《D・D・R》

罠(6枚)
2《闇次元の解放》
2《リビングデッドの呼び声》
2《バーストブレス》


モンスター(20枚)
2《召喚僧サモンプリースト》
2《終末の騎士》
3《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》
3《ライトパルサー・ドラゴン》
2《ダークフレア・ドラゴン》
1《ダーク・アームド・ドラゴン》
1《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》
3《エクリプス・ワイバーン》
3《アックス・ドラゴニュート》

魔法(17枚)
1《未来融合-フューチャー・フュージョン》
3《封印の黄金櫃》
1《大嵐》
1《死者蘇生》
1《異次元からの埋葬》
1《闇の誘惑》
2《サイクロン》
1《おろかな埋葬》
3《アームズ・ホール》
3《D・D・R》

罠(3枚)
3《王宮のお触れ》

エクストラデッキ
1《A・O・J カタストル》
1《F・G・D》
1《No.39 希望皇ホープ》
1《イビリチュア・メロウガイスト》
1《インヴェルズ・ローチ》
1《カチコチドラゴン》
1《スクラップ・ドラゴン》
1《スターダスト・ドラゴン》
1《ダークエンド・ドラゴン》
1《ダイガスタ・エメラル》
1《ブラック・ローズ・ドラゴン》
1《ラヴァルバル・チェイン》
1《大地の騎士ガイアナイト》
1《氷結界の龍 トリシューラ》
1《氷結界の龍 ブリューナク》


上がストラクチャデッキのみで組んだもの下が手を加えたものとなっています。

豪華とは言いましたがそのままでは少々無理がありましたね。
必須カードが少ないのでしょうがないと言えばしょうがない。
ただ、エンジンやデッキパワーはしっかりしているのでパワーで押し切れなくもないと思います。
え?新規の魔法罠がない?なんのことだか(ry

下が純【ドラゴン族】ってやつですね。
【絶ドラ】とかいうやつ。
正直、かつての【ドラゴン族】のほうが強くね?っていう。
☆8が減ったので《トレード・イン》が採用されていないので効率よく墓地を肥やせない。
そのかわりに《ダークフレア・ドラゴン》で墓地を肥やせるようになりました。
どちらがいいかは感性に任せます。


デッキ依頼・デッキ診断はコチラ

【ゼンマイ】



【ゼンマイ】

モンスター(16枚)
3《切り込み隊長》
3《ゼンマイマジシャン》
2《ゼンマイハンター》
3《ゼンマイネズミ》
2《ゼンマイソルジャー》
3《ゼンマイウォリアー》

魔法(14枚)
1《貪欲な壺》
1《大嵐》
1《増援》
1《死者蘇生》
1《月の書》
3《強欲で謙虚な壺》
1《ブラック・ホール》
3《ゼンマイマニュファクチャ》
2《サイクロン》

罠(10枚)
2《螺旋式発条》
2《奈落の落とし穴》
1《聖なるバリア-ミラーフォース-》
1《神の宣告》
1《激流葬》
2《リビングデッドの呼び声》
1《ダスト・シュート》

エクストラデッキ
1《A・O・J カタストル》
1《No.17 リバイス・ドラゴン》
1《No.39 希望皇ホープ》
1《No.61 ヴォルカザウルス》
1《インヴェルズ・ローチ》
1《スクラップ・ドラゴン》
1《ダイガスタ・エメラル》
1《ブラック・ローズ・ドラゴン》
1《始祖の守護者ティラス》
1《発条機甲ゼンマイスター》
3《発条空母ゼンマイティ》
1《発条装攻ゼンマイオー》
1《氷結界の龍 ブリューナク》


《発条空母ゼンマイティ》
エクシーズ・効果モンスター
ランク3/水属性/機械族/攻1500/守1500
レベル3モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で、
手札・デッキから「ゼンマイ」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。
また、フィールド上に表側表示で存在する
「ゼンマイ」と名のついたモンスターが破壊され自分の墓地へ送られた時、
このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で、
そのモンスター1体を選択して手札に戻す。


場にいる限り1度しか効果を使うことができないゼンマイを使ったビートダウンデッキ。

《ゼンマイネズミ》強いですね。
とりあえず、こいつを出しておけば展開できますもんね。
ただ、墓地からの蘇生なんで出してそのターン中に展開できないのがネックですよね。
《おろかな埋葬》を入れてもいいかなとは思ったんですが後半腐っちゃいますしね。

基本的に《切り込み隊長》スタートです。
からの《発条空母ゼンマイティ》をエクシーズ召喚。
これがこのデッキのベースですね。
そうすれば、《ゼンマイネズミ》で大量展開もできますし。
《ゼンマイウォリアー》を使えば《ゼンマイネズミ》からランク4エクシーズもできますしね。

かなりいい感じのカテゴリーになったと思います。
先攻ハンデスさえ見つからなければなっ!


デッキ依頼・デッキ診断はコチラ

【大天使ゼラート】



【大天使ゼラート】


モンスター(19枚)
3《天空の使者 ゼラディアス》
3《大天使ゼラート》
2《召喚僧サモンプリースト》
3《ゼラの戦士》
1《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》
1《オネスト》
2《Sin スターダスト・ドラゴン》
1《E・HERO エアーマン》
3《E・HERO アナザー・ネオス》

魔法(12枚)
3《天空の聖域》
1《大嵐》
1《増援》
1《死者蘇生》
1《ブラック・ホール》
2《トレード・イン》
3《サイクロン》

罠(9枚)
2《奈落の落とし穴》
1《聖なるバリア-ミラーフォース-》
1《神の宣告》
2《神の警告》
1《激流葬》
2《ヒーロー・ブラスト》

エクストラデッキ
1《A・O・J カタストル》
1《No.39 希望皇ホープ》
1《インヴェルズ・ローチ》
1《カチコチドラゴン》
1《ギガンテック・ファイター》
1《ジェムナイト・パール》
1《スクラップ・ドラゴン》
1《スターダスト・ドラゴン》
1《ダイガスタ・エメラル》
1《ブラック・ローズ・ドラゴン》
1《ミスト・ウォーム》
1《ラヴァルバル・チェイン》
1《大地の騎士ガイアナイト》
1《氷結界の龍 トリシューラ》
1《氷結界の龍 ブリューナク》


《大天使ゼラート》
効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2800/守2300
このカードは通常召喚できない。
このカードは「天空の聖域」がフィールド上に存在し、
自分フィールド上に表側表示で存在する「ゼラの戦士」
1体を生け贄に捧げた場合のみ特殊召喚できる。
光属性のモンスターカード1枚を手札から墓地に捨てる事で、
相手フィールド上に存在する全てのモンスターを破壊する。
この効果は自分フィールド上に「天空の聖域」が存在しなければ適用できない。


《大天使ゼラート》を軸にしたビートダウンデッキ。

《大天使ゼラート》の素材自体はサーチ手段が多くそろえやすいですが、本体がサーチしづらいっていう罠。
なので、《大天使ゼラート》が無くても戦えるようにHEROを採用しています。
それだけではなく《E・HERO アナザー・ネオス》は《大天使ゼラート》のコストになり
《ヒーロー・ブラスト》で回収し再び《大天使ゼラート》のコストにできるので相性がいいです。
じゃあ《ミラクル・フュージョン》入れろって?
それじゃあ【HERO】になっちゃうじゃないですか~ってか【HERO】のほうが強いってバレちゃうじゃないですか~(ぁ

《Sin スターダスト・ドラゴン》は割と必要かも。
《大天使ゼラート》が攻撃できなくなっちゃいますが疑似《サンダー・ボルト》やってくれれば充分でしょ。
《天空の聖域》が破壊されたら話にならないですし。
《カオス・ソルジャー -開闢の使者》《トレード・イン》コストに変わってくれますし。

全体的に統一感があって割と自分好みのデッキができましたね。
それもこれもHEROが安定してるからかなミ☆


デッキ依頼・デッキ診断はコチラ

【コアキメイル】



【コアキメイル】


モンスター(21枚)
2《召喚僧サモンプリースト》
2《賢者ケイローン》
3《コアキメイル・ロック》
2《コアキメイル・サンドマン》
3《コアキメイル・クルセイダー》
3《コアキメイル・ガーディアン》
3《コアキメイル・ウルナイト》
3《コアキメイル・ウォール》

魔法(13枚)
1《貪欲な壺》
1《大嵐》
1《死者蘇生》
3《鋼核合成獣研究所》
1《ブラック・ホール》
3《サイクロン》
3《コアキメイルの鋼核》

罠(6枚)
2《奈落の落とし穴》
1《神の宣告》
2《神の警告》
1《激流葬》

エクストラデッキ
1《A・O・J カタストル》
1《No.39 希望皇ホープ》
1《イビリチュア・メロウガイスト》
1《インヴェルズ・ローチ》
1《ジェムナイト・パール》
1《スクラップ・ドラゴン》
1《スターダスト・ドラゴン》
1《ダイガスタ・エメラル》
1《ナチュル・パルキオン》
1《ナチュル・ビースト》
1《ナチュル・ランドオルス》
1《ブラック・ローズ・ドラゴン》
1《ラヴァルバル・チェイン》
1《氷結界の龍 トリシューラ》
1《氷結界の龍 ブリューナク》


《コアキメイルの鋼核》
通常魔法
このカードが墓地に存在する場合、
自分のドローフェイズ時に通常のドローを行う代わりに、
このカードを手札に加える事ができる。
また、自分のドローフェイズ時に
手札から「コアキメイル」と名のついたモンスター1体を墓地へ送る事で、
自分の墓地に存在するこのカードを手札に加える。

《コアキメイル・ウルナイト》
効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻2000/守1500
このカードのコントローラーは自分のエンドフェイズ毎に
手札から「コアキメイルの鋼核」1枚を墓地へ送るか、
手札の獣戦士族モンスター1体を相手に見せる。
または、どちらも行わずこのカードを破壊する。
1ターンに1度、手札にある「コアキメイルの鋼核」1枚を相手に見せる事で、
自分のデッキから「コアキメイル・ウルナイト」以外のレベル4以下の
「コアキメイル」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。


エクシーズが出たことによってかなり使いやすくなりましたね。
おかげで2体並べば自壊デメリットを回避することも可能です。
《召喚僧サモンプリースト》で《コアキメイル・ウルナイト》を呼んで、
《コアキメイル・ウルナイト》で新たなコアキメイルを呼べば、場にモンスターを残しつつエクシーズも可能です。

《ラヴァルバル・チェイン》は今までサーチしづらかった《コアキメイルの鋼核》を間接的にサーチできますね。
ただ、そこまでやってサーチをする意味があるのか…っていうところ。
自壊デメリットを抑えつつ…くらいで。

獣戦士・岩石が軸ですね。
『純』と言われたら半ばしょうがない。
コアキメイルで上の2族は優秀且つ種類が多いので。
ただ、互いにシナジーがないので《E-HERO ダーク・ガイア》使ったほうが…とも思いますね。

《鋼核合成獣研究所》が優秀です。
これのおかげで複数属性が存在していても容易にコストを確保することができます。

どうしても長期戦には弱いので強力な効果を用いてなるべく早く勝たないと辛いです。


デッキ依頼・デッキ診断はコチラ